専業トレーダーのサンチャゴがデイトレード手法/スキャルピング手法を無料で公開します。ココでしか学べない『板読み』と『歩み値』、そして『出来高』などを徹底的に解説します。トレードメンタル/資金管理/利食いと損切り手法にも自信あり!

株デイトレで稼ぐ!激レア板読み手法公開ブログ

FX

FXデイトレード アジア時間での戦略 【2】 コンセプトと具体的な戦略

投稿日:

Pocket

大口の取引コスト

大口トレーダーAがEUR/USDを7000万通貨単位買う場合の取引コストが、
流動性の高いポイントと低いポイントでどう変わるかを見てみよう。

1.流動性が高い時間帯、もしくは流動性の高い価格帯で取引した場合こんな感じになる。

7000万通貨単位のうち
5000万通貨単位を 1.3720
2000万通貨単位を 1.3725
ほとんどを最良売り気配で約定でき、スリッページは残りの2000万通貨の0.5pipsだけだ。

2.一方、流動性の低い時間帯に流動性の低い価格帯で取引した場合はこんな感じになる。

7000万通貨単位のうち
1000万通貨単位を 1.3720
2000万通貨単位を 1.3725
1300万通貨単位を 1.3730
2700万通貨単位を 1.3735
最良売り気配では、1000万通貨しか約定できず、残りは3段階でスリッページが発生している。

インターバンクマーケットでの手数料が30ドル/100万通貨単位だったと仮定すると、それぞれの場合の取引コストは下表のようになる。

約定価格 取引コスト内訳 取引コスト合計
1.流動性が高い場合 5000万通貨を 1.37202000万通貨を 1.3725 手数料:30ドル×70=2100ドル0.5pipのスプレッド×5000万通貨=2500ドル1pipのスプレッド×2000万通貨=2000ドル 6600ドル
2.流動性が低い場合 1000万通貨を 1.3720
2000万通貨を 1.3725
1300万通貨を 1.3730
2700万通貨を 1.3735
手数料:30ドル×70=2100ドル0.5pipのスプレッド×1000万通貨=500ドル1pipのスプレッド×2000万通貨=2000ドル

1.5pipのスプレッド×1300万通貨=1950ドル

2pipのスプレッド×2700万通貨=5400ドル

9850ドル

 

 

流動性が高いポイントで取引してスリッページがほとんど発生しなくても、大口は一回の取引で6600ドルもの取引コストがかかる。

そして、流動性が低いポイントで取引するとさらに3250ドル程度上乗せ、驚きの9850ドルもの取引コストがかかる。

日本円にして33万円の差だ。

流動性を意識するかしないかで、大口トレーダーのたった1回のトレードの取引コストは
サラリーマンの月収分の差がでてくるのだ。

我々一般トレーダーはスプレッドのことなどそんなに意識しないが、

FXマーケットを動かす大口トレーダーは
いかに取引コストを低く抑えるかを常に考えていて、
取引コストを安くするために一日中流動性を探して相場を動かしている。

では、実際の戦略を解説していこう。

戦略のコンセプト

コンセプトをまとめよう。

  • 巨大なロットサイズを動かす大口トレーダーが、取引コストを上げることなく取引するには高い流動性が必要
  • そのことを念頭に置くと、大口トレーダーはポジションをエグジットするため、もしくは新しいポジションを作るために、価格を流動性が高いエリアまで動かす場合が多い
  • この傾向は、流動性が低い時間帯では特に顕著に表れる

流動性が高いエリアとは

流動性が高いエリアとはいろいろな要素が重なり、多くのトレーダーが注目しているエリアだ。

  • フィボナッチ
  • ピボット
  • トラップライン
  • トレンドライン
  • 前日の高値や安値

などのラインが重なっているエリアは流動性が高いエリアと考えてよい。

そのようなエリアの見つけ方は、ラインの引き方 の記事を参考にするとよい。

流動性の低い時間帯とは

アジア時間が流動性の低い時間帯だといっても、日本時間の9時~11時半頃までは流動性が高いので注意が必要だ。
逆張りするのにお勧めな時間は、11時半~16時頃まで。

どの通貨ペアをトレードするか

どの通貨ペアでも良いが、
私は主要通貨のチャートにラインを引いてみて、これは!というエリアを見つけた場合だけトレードしている。

具体的な戦略

流動性の低い時間帯流動性の高いエリアに価格が突入してきたところを逆張りする。

この時に1分足などの短期足でオシレーターのダイバージェンスを確認してからエントリーすると勝率が上がる。

また、1時間足や4時間足レベルのトレンドに逆行する値動きに対して逆張りする方が勝率が上がる

トレードマネジメントについては、複数のユニットでエントリーし、少なくとも半分のポジションはロスカット幅と同じぐらいの値幅で利食いし、残りはレンジの反対側などに利食いの指値を置いて放置する。

これはとても勝率の高い戦略なので、逆張りすることに慣れることさえできたら、精神的に楽なトレードとなる。

また、常にチャートを見ている必要がないため、私のように株や先物を中心にトレードしているトレーダーでも片手間でトレードできる

主婦の方など、常にモニターに張り付いていられないトレーダーにもお勧めの手法だ。

私はラインにアラートを仕込んでおき、アラートがなった時だけチャートを見てトレードしている。
もちろん、株と先物がメインなので、本業で忙しいときは無視している。

注意点

流動性の低いアジア時間は逆張りが有利とはいえ、どこでも適当な位置で逆張りしてよいわけではない。

中途半端な位置で逆張りすると高確率でロスカットになる

流動性が低いだけに、大口は簡単に価格を動かすことができるからだ。

例えば、流動性の高いA地点とB地点があるとすると、その真ん中あたりでは決して手出しせず、かならずA地点かB地点に来てからエントリーすることだ。

流動性が高いエリアが駅、それ以外の中途半端な位置は線路だと思うと良い。

乗り降りするのは駅、電車が走っている間は乗り降り厳禁だ。

以上が FXデイトレード アジア時間での戦略 だ。

FXデイトレード アジア時間での戦略 【1】 FXを動かす原動力とは?


これからも安定して勝てるトレーダーになるためのノウハウを効率よく学びたい方、ブログでは公開していない特別ページをご覧になりたい方は、メールアドレスをご登録ください。

最短で安定して勝てるようになるためのノウハウを、無料で配信します。

  • 具体的なトレード手法も学べる特設サイトのパスワード
  • 相場の本質を学べる無料メール講座(全31回)(今後も追加予定)
  • ボタン1つで入力と集計が可能!高機能なExcelトレード日誌のダウンロード
  • マルチタイムフレームピボット(MTF_Pivot)トレステ版のダウンロード
  • フル板の情報をチャートにヒストグラムで表示するインジケーター(トレステ版)
  • 「通貨ペアの選び方」、「ラウンドナンバースキャルピングの全貌」、「ブレークアウト手法」、「プライスアクション初級編PDFダウンロード」etc...

このブログを一通り読めば、相当な実力がつきます

ただ、記事数が多いので、一気に読むのは不可能でしょう。

安定して勝てるFXトレーダーになるために必要なノウハウを厳選し、メールでお渡しします。

ご登録は以下のフォームから、メールアドレスのみで可能です。



dollar-exchange-rate-544949_640

Pocket

必読の記事

MTF_Pivotを適用したチャート画像 1

ヘッジファンドでも使われているから反応しやすい!と言われるマルチタイムフレームピボット(MTF_Pivot)のトレードステーション版を無料で入手していただき、その使い方も詳しく解説します。 マルチタイ ...

2

目次1 対象となる読者2 サンチャゴ流出来高分析のエッセンス3 トレードにおいて知りたいことは1つ4 新しい手法でもなければ、サンチャゴが発明したわけでもない5 並行して読んでほしい本5.1 ジェシー ...

トレードは職人技だ 3

株のデイトレードは職人芸です。そしてその中心に位置するスキルが歩み値です。 この記事では、本屋に売っている株本にはチョロっとしか書かれていない、歩み値の見方の真実を徹底的に解説します。 ティッカーテー ...

no image 4

価格帯別出来高をデイトレードやスキャルピングに活かす方法を9日間にわたって書いてきました。 この9日間であなたは下記のようなことを学びました。 最後に、もう一度おさらいしておきましょう。 目次1 価格 ...

1月29日パナソニック15分足 5

この記事では同一気配約定情報を使い、「板読みと歩み値の読解を簡素化する方法」を解説します。「株や日経225先物デイトレードのエントリー精度が低くて困っている!」「歩み値が上手く読めない!」という方は是非参考にしてください。

かなり重要な記事なので気合を入れ過ぎ、ちょっと長い記事になってしまいましたが、じっくり読む価値があります。

Full_Ita_OnChartインジケーター 6

チャート上にフル板の情報をヒストグラム表示し、リアルタイムで更新し続けるトレードステーションのインジケーターを開発しました。 どこに大きな買い板が入っているのか?どこの大きな売り板が入っているのか?ど ...

7

マネックス証券のTradeStation(トレードステーション)は、米国で開発された、株の世界における最強のトレードツールです。そのトレードステーションが東証の株に対応。しかも無料。ということで、早速 ...

8

トレードステーション版の新しい価格帯別出来高インジケーターを作りました。 価格帯別出来高のインジケーターは本家マネックス証券が提供してくれているものもあるのですが、計算対象の期間を自由に変更できるよう ...

-FX
-, , ,

Copyright© 株デイトレで稼ぐ!激レア板読み手法公開ブログ , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.