あなたのPCで大口約定ラインツールを使えることを確認する方法

このページでは、お使いのPCで大口約定ラインツールを使うことができるか確認する方法を解説します。

トレードステーションに大口約定ツールのインジケーターをインポートして使います。

ごく稀にですが、お使いのPC環境によりトレードステーションでインジケーターのインポートが出来ないことがあるようです。

お使いのPC環境でトレードステーションを使え、またインジケーターもインポートできるかどうかを確認したい方は、こちらのページを参考にしてく確認してください。

マネックス証券のトレードステーション口座(日本株版)

大口約定ラインツールはマネックス証券のトレードステーション向けのインジケーターです。

大口約定ラインツールを使うには、マネックス証券のトレードステーション(日本株版)を使える環境が必要となります。
(マネックス証券の口座開設もトレードステーションの使用料も無料です)

マネックス証券の口座開設はこちらからどうぞ

トレードステーションのインストール

トレードステーションのインストールに関しましては、マネックス証券さんの本家サイトに詳しい解説がございます。


はじめてのトレードステーション

こちらのページを参考にして、トレードステーションをインストールしてください。

大口約定ラインツールのテストインジケーターをインポートできるか確認

ごく稀にですが、お使いのPC環境によってはトレードステーションでインジケーターをインポートする際にエラーが出てしまい、インジケーターのインポートが出来ない場合があります。

ですから、大口約定ライントレード講座を購入される前に、お使いのPCでエラーが出ないことを確認しておくことをお勧めします。

確認するには、実際にトレードステーションでインジケーターをインストールしてみます。

まずはこちらのページから、テスト用にインジケーターファイルをダウンロードしてください。

次にトレードステーションを開きます。

画面左端にある、「トレーディングアプリ」ボタンをクリック

2017-09-12_20h50_12

「EL EasyLanguage」をクリックし、TradeStation開発環境画面を開きます。

2017-09-12_21h12_19

TradeStation開発環境にて、ファイル – インポート及びエクスポート  と選択して、インポート/エクスポート画面を開きます。

「EasyLanguageファイル(ELD,ELSまたELA)をインポート」 を選択して「進む」

「参照」をクリックし、先ほどダウンロードした「大口約定ラインのテスト.ELD」を選択し、「進む」

「ショウミー」 にチェックが入っている状態で 「進む」

「大口約定欄インジケーターのテスト ショウミー」にチェックが入っている状態で 「終了」

2017-09-12_20h57_43

このように表示されれば、成功です。
これで、あなたのPCは大口約定ラインツールを使える環境であることが確認できました。

ごく稀にですが、ここで以下のようなエラーメッセージが出てインポートできない場合があります。

error
(画像はマネックス証券のトレステフォーラムより)

この場合は、以下のような対策を実行すると、多くの場合エラーが起きなくなります。

トレードステーションのインジケーターインポート時のエラーを解決する方法1

ツイッターの書き込みで、トレードステーションのエラーが治ったとの報告があります。
こちらの書き込み

このページに書かれているウィンドウズの設定を行うことで問題が解決するようです。

記事にあるコマンドプロンプトを管理者として開く方法は

ウィンドウズのデスクトップ左下に、「ここに入力して実行」など、ファイル名を入力して開くための窓があります。

そこに cmd と入力すると、コマンドプロンプトが一覧に出てきます。

これを、右クリック - 管理者として実行 で開きます。

あとは記事に従ってください。

以上の方法でトレードステーションのインポートエラーが治る可能性が高いと思います。

トレステフォーラムにも書き込みがありました。
https://tradestationjpforum.monex.co.jp/EokpControl?&event=QE0004&tid=10586
(ログインが必要です)

トレードステーションのインジケーターインポート時のエラーを解決する方法2

上記の方法でもエラーが解決しない場合は、もう一つ方法があります。

以下のページの方法を試してみてください。

「海外ソフトを動作させるために、環境変数 TEMPを変更する」

どうやらパソコンの「ユーザー名」が日本語だとダメな場合があるようです。

この「ユーザー名」を変更するのは大変なので、上記ページの方法をお勧めします。

環境変数を変更するのはリスクがあるため、実行前に必ずWindowsのバックアップをとってから、自己責任で実行するようにしてください。

もし以上の対策を行っても、エラーが治らない場合は、2017年9月現在、なすすべが無いようです。

多くの場合は、別のPCを使うなどする以外にないとのことです。

「あなたのPCで大口約定ラインツールを使えることを確認する方法」
の解説を終わります。

ありがとうございました。

サブコンテンツ

このページの先頭へ