専業トレーダーのサンチャゴがデイトレード手法/スキャルピング手法を無料で公開します。ココでしか学べない『板読み』と『歩み値』、そして『出来高』などを徹底的に解説します。トレードメンタル/資金管理/利食いと損切り手法にも自信あり!

株デイトレで稼ぐ!激レア板読み手法公開ブログ

出来高

本当の強さは陰線に現れる ~出来高を分析するトレード手法

投稿日:

Pocket

読者の方から以下のようなご質問をいただきました。

なるほど〜と思うものが多く、楽しく勉強させて頂いてます質問ですが、株価が暴落した時ほぼ大引けまで売り込まれていた銘柄が、翌日ギャップアップで暴騰することがよくありますよね?空売りしていた機関はどのタイミングで買戻しいていると思われますか?

大引けまで売り込まれていた銘柄が次の日にギャップアップ、大口は売っていたのではないか?
なんで次の日にギャップアップするんだ?
おかしいんじゃないか?

日足が陰線だからといって、大口がショートポジションを作っているとは限りません。
実はその逆である場合が多いと思っています。

強さは陰線に、弱さは陽線に現れる

大口がポジションを作るというと、その建玉の大きさは一般投資家とは全く違う規模の大きさになります。
その巨大なポジションをどうやって作り、そして利食いするのかを考えてください。

一旦上げ始めた銘柄を途中から買い始めて巨大な買いポジションを作り、さらに利食いまですることができるでしょうか?
すでに上がっている銘柄を買うと、さらに値があがります。

欲しいだけの株数を買えたころにはかなり価格は上がっています。
建玉の取得価格の平均値はかなり高くなっているはずです。

その状態から利食いを始めたらトータルでプラスになるでしょうか?
おそらく難しいでしょう。
自分の利食いで価格は大きく下がるので、利食い価格の平均値が取得価格の平均値より低くなってしまうはずです。

それなら大口はどうするのでしょうか?

悪いニュースなどで株価が大きく下げている日に買います。
悪いニュースが無いなら、自ら流します。
何度も何度もあの手この手で株価を吊り下げ、なるべく有利な価格で株を買い集めます。
すくなくとも、大多数の一般投資家が投げ売りしたくなる位置まで株価を叩き落とすでしょう。

大口の資金量はとてつもなく大きいので、買い始めてからも株価が下がり続けて含み損が広がっても問題なしです。
とにかく安値で浮動株を全て買い尽くすことが目的です。

買うことのできる浮動株がもうこれ以上なくなったと判断したら、一気に買い始めます。
あとは目標価格まで株価を吊り上げて利食いすることだけが目的なので、低い位置での売りは出てきてほしくありません。
ですから、一気に価格を吊り上げて「やれやれ売り」が出ないようにします。
いきなりギャップアップさせるのはよくある手口です。

大口が買いポジションを作るのは陰線です。
そして大口が利食いするのは陽線です。

別の言い方をすると

  • 相場の真の強さは陰線に現れる
  • 相場の真の弱さは陽線に現れる

ということです。

しかしそれは陽線なら弱く、陰線なら強いということを言っているのではありません。

しばらく下げ続けたあとに巨大な出来高の陰線が出たのに次の足で急激に失速して上げ始めたり
巨大な出来高の陰線になると思いきや、下ヒゲの陰線になるような場合は強さを表します。

また、しばらく上げ始めたあとに巨大な出来高の陽線が出たにもかかわらず、次の足で急激に失速して下げ始めたり、
巨大な出来高の陽線になると思いきや、上髭の陽線になるような場合は弱さを表します。

そこにサポートライン、レジスタンスラインも考慮すると、相場でなにが起きているのかが見えてきます。

ですから、大引けまで売り込まれていた銘柄が次の日にギャップアップしてグイグイ上げ始めたということなら
それは大口が株価を吊り下げながら浮動株を買い集めていたということかもしれません。

※浮動株とは、平たく言うと、一般投資家の手にある株のことです。自社株買いや株式持ち合いによって保有されている以外の株といってもよいです。

注意点

陰線で大口が買っている兆候が見られた後、すぐに株価が上げ始めるわけではありません。
「大口が買い始めた」という兆候は、「今すぐ上げはじめる」ということではありません。
大口は浮動株を買い切るまでは、何度でも振るい落としをやってきます。

逆張りにおいてはエントリーが早すぎるというミスが多くなるのはこのためです。
じゃ、どうすればよいか?

その辺りは、出来高分析トレード手法講座に書かれています。
大口の「試す」動きを見極めるのでしたね。

応援ボタンをクリックして記事執筆スピードアップ!↓


人気ブログランキングへ

サンチャゴがおすすめする本

サンチャゴ流!出来高分析手法のもくじ


これからも安定して勝てるトレーダーになるためのノウハウを効率よく学びたい方、ブログでは公開していない特別ページをご覧になりたい方は、メールアドレスをご登録ください。

最短で安定して勝てるようになるためのノウハウを、無料で配信します。

  • 具体的なトレード手法も学べる特設サイトのパスワード
  • 相場の本質を学べる無料メール講座(全31回)(今後も追加予定)
  • ボタン1つで入力と集計が可能!高機能なExcelトレード日誌のダウンロード
  • マルチタイムフレームピボット(MTF_Pivot)トレステ版のダウンロード
  • フル板の情報をチャートにヒストグラムで表示するインジケーター(トレステ版)
  • 「通貨ペアの選び方」、「ラウンドナンバースキャルピングの全貌」、「ブレークアウト手法」、「プライスアクション初級編PDFダウンロード」etc...

このブログを一通り読めば、相当な実力がつきます

ただ、記事数が多いので、一気に読むのは不可能でしょう。

安定して勝てるFXトレーダーになるために必要なノウハウを厳選し、メールでお渡しします。

ご登録は以下のフォームから、メールアドレスのみで可能です。



dollar-exchange-rate-544949_640

Pocket

必読の記事

MTF_Pivotを適用したチャート画像 1

ヘッジファンドでも使われているから反応しやすい!と言われるマルチタイムフレームピボット(MTF_Pivot)のトレードステーション版を無料で入手していただき、その使い方も詳しく解説します。 マルチタイ ...

2

目次1 対象となる読者2 サンチャゴ流出来高分析のエッセンス3 トレードにおいて知りたいことは1つ4 新しい手法でもなければ、サンチャゴが発明したわけでもない5 並行して読んでほしい本5.1 ジェシー ...

トレードは職人技だ 3

株のデイトレードは職人芸です。そしてその中心に位置するスキルが歩み値です。 この記事では、本屋に売っている株本にはチョロっとしか書かれていない、歩み値の見方の真実を徹底的に解説します。 ティッカーテー ...

no image 4

価格帯別出来高をデイトレードやスキャルピングに活かす方法を9日間にわたって書いてきました。 この9日間であなたは下記のようなことを学びました。 最後に、もう一度おさらいしておきましょう。 目次1 価格 ...

1月29日パナソニック15分足 5

この記事では同一気配約定情報を使い、「板読みと歩み値の読解を簡素化する方法」を解説します。「株や日経225先物デイトレードのエントリー精度が低くて困っている!」「歩み値が上手く読めない!」という方は是非参考にしてください。

かなり重要な記事なので気合を入れ過ぎ、ちょっと長い記事になってしまいましたが、じっくり読む価値があります。

Full_Ita_OnChartインジケーター 6

チャート上にフル板の情報をヒストグラム表示し、リアルタイムで更新し続けるトレードステーションのインジケーターを開発しました。 どこに大きな買い板が入っているのか?どこの大きな売り板が入っているのか?ど ...

7

マネックス証券のTradeStation(トレードステーション)は、米国で開発された、株の世界における最強のトレードツールです。そのトレードステーションが東証の株に対応。しかも無料。ということで、早速 ...

8

トレードステーション版の新しい価格帯別出来高インジケーターを作りました。 価格帯別出来高のインジケーターは本家マネックス証券が提供してくれているものもあるのですが、計算対象の期間を自由に変更できるよう ...

-出来高
-, , , , ,

Copyright© 株デイトレで稼ぐ!激レア板読み手法公開ブログ , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.