陽線と陰線を見極める~出来高を分析するトレード手法

Pocket

株が値上がりするには、買いの存在が必要です。買いは、基本的にはチャート上で陽線となって現れます。そして、陽線に伴う出来高が増加傾向でなければいけません。
しかし、出来高があまりに多いのは、継続的な上昇にとってはよくありません。極端に大きな需要を吸収できる供給があると考えられるからです。

陽線が出た時にそこに出来高が伴わない場合、その信憑性を疑ってかかる必要があります。
出来高が伴わないということは、大口がその上昇に参加していないということだからです。大口は私たちの知らない事情を知っていて、相場が実は弱いということを分かっているのです。
キープレーヤーが参加していない上昇は長続きしません。

例えば、下降トレンドの途中で、一時的に小さな出来高の上昇があるのをよく見かけます。一時的な上昇の理由は分かりませんが、大口が参加していないことだけは確かです。
プロのトレーダーは、一般のデイトレーダーのように、ただ上げているからという理由では買いません。

レンジ相場ではどうでしょうか。
しばらくレンジが続いた後、出来高の少ない上昇でレンジの上を試す動きがあり、その動きがすぐに失速すると、それは株価の下落を警告する強いサインとなります。

出来高の少ない陰線にも全く同じことが言えます。
信憑性のある陰線とは、出来高を伴う陰線です。出来高が増えながらの陰線は相場の弱さを示します。

応援ボタンをクリックして記事執筆スピードアップ!↓


人気ブログランキングへ
出来高分析トレードならカブドットコム証券のツールがおすすめ
チャートが圧倒的に見やすい!
サンチャゴが解説~カブドットコムは出来高関連ツールとランキング情報が最高!


サンチャゴがおすすめする本


これからも安定して勝てるトレーダーになるためのノウハウを効率よく学びたい方、ブログでは公開していない特別ページをご覧になりたい方は、メールアドレスをご登録ください。

最短で安定して勝てるようになるためのノウハウを、無料で配信します。

  • 具体的なトレード手法も学べる特設サイトのパスワード
  • 相場の本質を学べる無料メール講座(全31回)(今後も追加予定)
  • ボタン1つで入力と集計が可能!高機能なExcelトレード日誌のダウンロード
  • 「通貨ペアの選び方」、「ラウンドナンバースキャルピングの全貌」、「ブレークアウト手法」、「プライスアクション初級編PDFダウンロード」etc...

このブログを一通り読めば、相当な実力がつきます

ただ、記事数が多いので、一気に読むのは不可能でしょう。

安定して勝てるFXトレーダーになるために必要なノウハウを厳選し、メールでお渡しします。

ご登録は以下のフォームから、メールアドレスのみで可能です。



dollar-exchange-rate-544949_640

Pocket

「いいね!」ボタンで応援していただけると幸いです

コメント

sponsored link

サブコンテンツ

このページの先頭へ