相場観と相場勘のちがい?:相場観(相場勘)をみにつける【1】

Pocket

テクニカルやローソク足でトレードするにせよ、板読み/歩み値でトレードするにせよ、あるエントリー手法がいつもうまくいくわけではないですよね。

なぜでしょう。周りにいる上級者に質問してみてください。
きっとこんな答えが返ってくるでしょう。

弟子:「相場観って大切なんですか?手法を覚えるだけじゃダメなんですか?」

師匠:「もちろんさ!相場観が無いと、どんなに優れた手法も色あせてしまうからね」

弟子:「どうして相場観が必要なんですか?過去の優位性をテストできてたら大丈夫なんじゃないんですか?」

師匠:「まぁ、経験を積んだら分かるさ。経験だよ経験。」

弟子:「相場観って要するにどういうことなんですか?どうやったら身につくんですか?」

師匠:「え?相場観?それはだなー、うーん、ゴホン、ゴホン、ちょっと咳がとまらないからまた今度ね」

と言う感じでお茶を濁されることでしょう。

そこで、私、サンチャゴがこの難しい質問に挑んでみます。

違うやろ!と言われるのを覚悟で(笑)

相場観と相場勘ってちがうの?

まず最初に、僕が聞きたいのは、相場観と相場勘って違うの?ってことなんですよ。

相場観というのは、チャートパターンやローソク足のパターンなど何らかの分析をしたうえで、この先相場がどう動きそうか予測できる目とでもいいましょうか。

それに対して、相場勘とは、分析とかどうでもいいので、とりあえず「上がる気がする」「下がる気がする」的な勘です。そのまんまですね。

ただ、相場勘のほうも、無意識のレベルで何らかの分析をしているのだろうから、「観」と「勘」の違いはどうでもいいのではないでしょうか。

ようするに、相場観/相場勘とは、相場の背景状況を考慮して、今どんなアプローチでトレードしたらいいのか見当がつけれる能力です。

カッコよく言うと、「背景状況を理解していまを生きる」ってことです。

ということで、今後の記事では相場観という単語を使うことにします。

つづく


これからも安定して勝てるトレーダーになるためのノウハウを効率よく学びたい方、ブログでは公開していない特別ページをご覧になりたい方は、メールアドレスをご登録ください。

最短で安定して勝てるようになるためのノウハウを、無料で配信します。

  • 具体的なトレード手法も学べる特設サイトのパスワード
  • 相場の本質を学べる無料メール講座(全31回)(今後も追加予定)
  • ボタン1つで入力と集計が可能!高機能なExcelトレード日誌のダウンロード
  • 「通貨ペアの選び方」、「ラウンドナンバースキャルピングの全貌」、「ブレークアウト手法」、「プライスアクション初級編PDFダウンロード」etc...

このブログを一通り読めば、相当な実力がつきます

ただ、記事数が多いので、一気に読むのは不可能でしょう。

安定して勝てるFXトレーダーになるために必要なノウハウを厳選し、メールでお渡しします。

ご登録は以下のフォームから、メールアドレスのみで可能です。





dollar-exchange-rate-544949_640

Pocket

「いいね!」ボタンで応援していただけると幸いです

コメント

sponsored link

サブコンテンツ

このページの先頭へ