エグジット戦略9つの信念 【7】 相場環境により選択すべきエグジット戦略は異なる

Pocket

株にしても日経225先物にしても、その時の相場環境により、うまくいくエグジット戦略は異なる。

  • レンジ相場ではターゲットに指値をいれて利食いする方が上手くいく
  • トレンド相場では、トレイリングストップにする方が大きな利益を上げれる

このように単純に分けれたらいいのだが、そうはいかない。

トレンド相場でもターゲットに指値を入れておいた方が上手くいくときもある。
値動きが乱高下しながらのトレンド相場の場合がそうだ。
乱高下するトレンド相場では、トレイリングストップだと最悪のところでストップにかかってしまう。
ストップにかかったとたんにまた反転してトレンドが継続していく。
だれしも経験があることだ。

レンジ相場の場合はとにかく指値で利食いをするのが鉄則だ。
レンジ相場なのにトレイリングストップの方が良いなんてことはまずない。

一般的には7割がレンジ相場で、3割がトレンド相場になると言われている。
8割と2割という説もあるくらいだ。
そう考えると、トレイリングストップが上手くいく状況はかなりレアだということに気づく。

また、レンジ相場になるのか、トレンド相場になるのかはある程度後になって分かる。
ポジションを管理している段階ではどちらなのかはっきりしないことは多い。

それならば、すくなくともポジションの一部はターゲットで指値利食いしておくのが賢い選択だ。

「いや、バックテストではトレイリングストップが上手くことになってるんだ!」
と反論する人がいるだろう。
しかしそれは、たまたま綺麗なトレンドが出た時に、「よくそこまで利益を引っ張れたな」というようなポイントまで利益を引っ張れたらの話だ。
そのレアなケースで一回でも取り逃がしたら、バックテストなんて何の意味もなくなる。

トレンドが出る場合に乱高下することが多いのか、穏やかなトレンドを描くことが多いのか。
銘柄によっても違うし、全体の相場環境によっても違う。

自分がトレードする相場の特徴はどんな感じだろう?
今の相場環境はどんなだろう?
そのことは常に意識しなくてはならない。

直近の値動きはかなり乱高下しているのに、この瞬間から綺麗なトレンドになるという希望を持ってトレイリングストップに頼るのは賢い選択ではない。


これからも安定して勝てるトレーダーになるためのノウハウを効率よく学びたい方、ブログでは公開していない特別ページをご覧になりたい方は、メールアドレスをご登録ください。

最短で安定して勝てるようになるためのノウハウを、無料で配信します。

  • 具体的なトレード手法も学べる特設サイトのパスワード
  • 相場の本質を学べる無料メール講座(全31回)(今後も追加予定)
  • ボタン1つで入力と集計が可能!高機能なExcelトレード日誌のダウンロード
  • 「通貨ペアの選び方」、「ラウンドナンバースキャルピングの全貌」、「ブレークアウト手法」、「プライスアクション初級編PDFダウンロード」etc...

このブログを一通り読めば、相当な実力がつきます

ただ、記事数が多いので、一気に読むのは不可能でしょう。

安定して勝てるFXトレーダーになるために必要なノウハウを厳選し、メールでお渡しします。

ご登録は以下のフォームから、メールアドレスのみで可能です。



dollar-exchange-rate-544949_640

Pocket

「いいね!」ボタンで応援していただけると幸いです

コメント

sponsored link

サブコンテンツ

このページの先頭へ