完璧なエグジット戦略(利食いと損切り)は存在しない 解決策は?

Pocket

エグジットについて真剣に考えよう

株や日経225先物のブログやトレード本において、エグジット戦略について真剣に議論する人は少ない。

これまでの私のサイトも含め、エントリー戦略に関しては熱く語るが、エグジットに関してはサラッと流すだけ。

それでは不十分。

最高級のケーキを買ったのに、ドライアイスをもらい忘れるようなものだ。

なぜなら、エグジット戦略はエントリー戦略と同じくらい、いや、それ以上に重要だからだ。

なぜ重要か?

同じエントリーでも、エグジット戦略が異なれば結果は180度変わってくるからだ。

さらに、エグジット戦略には大きな誤解がある。

それは、「利益を最大化すること」を重視しすぎることだ。

利益の最大化に気を取られて自分の精神的なニーズを無視してしまう。

無視された人間的な部分はいつしか大爆発を起こし、トレーダー生命を左右するような大きなミスにつながる。

どんなエグジット戦略がベストなのか

それでは、どんなエグジット戦略がベストなのだろうか。

  • ストップ(損切注文)をタイトに設定すべきなのか?それとも広めに設定して余裕を持たせるべきなのか?
  • どんなタイミングでストップをブレークイーブンの位置に動かすべきなのか?
  • 利食いは指値注文ですべきか?それともトレイリングストップ注文で利益を伸ばすべきなのか?

残念ながら、それらの質問への明確な答えは存在しない。
あえて言うなら、

「時と人と場合による」

が答えだ。

なぜなら、何がベストなのかは状況により大きく変動するからだ。

  • 「広いロスカット設定ならロスカットにかからずに最終的に利食いできたのに!」
  • 「狭いロスカットにしておけば損失を最小限に抑えられたのに!」
  • 「ブレークイーブンにストップを動かしたおかげで損失を免れた!」
  • 「ブレークイーブンにストップを動かしたせいで利益を取り損ねたじゃないか!」

このように、結果論でいろんなことが言える。

一定のルールがいつも最適に機能するということはありえないのだ。

それなら、トレーダーは一体どうしたらよいのか?

答えのないエグジット戦略 「どうしたらいいの?」

エグジット戦略が重要だというのは分かった。それはいい。

どんなエグジット戦略がベストなのか?への答えは存在しない。

それは困る。

どうすればよいのか?

答えのないものに挑むなら、すべきことはいつも同じ。

自分なりの「芯」ともいえるような信念を持ち、それをたよりに突き進んでいくしかない。

それは人生でも同じ。

人生においても答えのないことはいくらでもある。

人間関係、家族、恋愛、それらに明確な答えなど存在しない。

しかし、そこでうまくやれる人は、自分なりの信念を持ち、突き進める人だ。

それは根拠のない信念ではなく、
トレード本やブログで勉強することで生まれる信念や、
実際に起きたことに注意を払うことで生まれる信念がある。

まずは自分なりの信念を持つところから始まる。

次の記事からは私の信念を紹介していこうと思う。


これからも安定して勝てるトレーダーになるためのノウハウを効率よく学びたい方、ブログでは公開していない特別ページをご覧になりたい方は、メールアドレスをご登録ください。

最短で安定して勝てるようになるためのノウハウを、無料で配信します。

具体的なトレード手法も学べる特設サイトのパスワード
・相場の本質を学べる無料メール講座(全31回)(今後も追加予定)
ボタン1つで入力と集計が可能!高機能なExcelトレード日誌のダウンロード

このブログを一通り読めば、相当な実力がつきます。ただ、記事数が多いので、一気に読むのは不可能でしょう。

安定して勝てるFXトレーダーになるために必要なノウハウを厳選し、メールでお渡しします。


サンチャゴのチャートトレード講座
は必須項目です
  • 苗字(ハンドルネームでもOK)
  • メールアドレス

      


dollar-exchange-rate-544949_640

Pocket

「いいね!」ボタンで応援していただけると幸いです

コメント

sponsored link

サブコンテンツ

このページの先頭へ