自分だけのエグジット戦略を作る【デイトレの目的は?】

Pocket

自分に合ったエグジット戦略を作るためには3つのことを確認する必要がある。

みなさんもトレード本を読んだりブログを読んだりして、デイトレードのエグジットに関する知識をお持ちだと思う。

さまざまな情報を得る中で、「エグジット戦略とはこうあるべきだ」的な信念が芽生えていることだと思う。

しかし、知識があるだけではどうにもならない。

実際に自分が使える戦略に落とし込む必要がある。

どうやって落とし込むか?

それをこれから解説しよう。

自分に合ったエグジット戦略を組み立てるための3つの確認事項

エグジット戦略を考える時、一番よいのは次の3つの質問に答えることだ。

  1. デイトレードにおける自分の目的はなにか?
  2. 自分がトレードする相場はどんな値動きをするのか?
  3. デイトレードのエグジットにおいて私にはどんな精神的欲求があるのか?

これらの質問にじっくりと時間をかけて答えれば、ただの知識を実践で使える戦略に落とし込むことができる。

1.デイトレードにおけるあなたの目的は?

まず1つ目の質問。

デイトレードにおける、あなたの目的はなんだろう?

この質問に率直に答えてほしい。

「お金を稼ぎたい」

それは当たりまえのこと。

もう一歩踏み込んで、現実的に見て、どんなふうに稼いでいきたいのだろう?

私の場合はアンケートの選択肢1、「生活のために、小さな利益で良いから安定して稼ぎたい」だ。

私のデイトレードにおける究極的なゴールは、「安定した収益」だ。
ホームラン狙いのトレードに興味はない。
大きな勝ちトレードを人に自慢することになんの興味もない。
もしたまたまホームランが出ればそれは喜ばしいことだが、それが目的ではない。

私は収入のためにトレードをしている。
毎日勝てることは期待しない。しかし、ほとんどの週でプラスになり、ましてや月単位ではめったなことで負けないようにしたい。
したがって、大きなホームランを狙って大振りしているわけにはいかない。
コンパクトなスイングで、コンスタントにヒットを狙うことになる。

ということは、エグジット戦略を作るにあたって一番重視すべきことは、「安定して利益を上げること」だ。

それを実現するには、「高い勝率」と「タイトなロスカット」を実現しなければならない。

「高い勝率」と「タイトなロスカット」を両立することは不可能なのでは?

と思うだろう。

たいていの場合、勝率を上げようとすれば、ロスカットの幅に余裕を持たせなければならないからだ。

しかし、私は下記のようなことを意識することにより、「高い勝率」と「タイトなロスカット」を両立を目指している。

  • 高精度なラインを引けること
  • そのラインまで引きつけてエントリーすること
  • 板読みや歩み値の読解でリスクレワード比を上げること
  • 大口注文を読んで負けトレードを早めに切ること
  • 1トレードが自分のトレード人生を脅かすようなことは絶対にしない
  • 1回のロスカットは、1回の勝ちトレードで取り戻せる金額に抑える

それにより、結果として安定した収益を上げることができる。

と、ちょっと話は脱線してしまったが、何が言いたいかというと、自分がデイトレードで成し遂げたい目的を明確にしておかないと、エグジット戦略を決められないよ、ということだ。

是非、明確にしておいてほしい。

あなたにとって、デイトレードの目的はなんですか?

つづく


これからも安定して勝てるトレーダーになるためのノウハウを効率よく学びたい方、ブログでは公開していない特別ページをご覧になりたい方は、メールアドレスをご登録ください。

最短で安定して勝てるようになるためのノウハウを、無料で配信します。

  • 具体的なトレード手法も学べる特設サイトのパスワード
  • 相場の本質を学べる無料メール講座(全31回)(今後も追加予定)
  • ボタン1つで入力と集計が可能!高機能なExcelトレード日誌のダウンロード
  • 「通貨ペアの選び方」、「ラウンドナンバースキャルピングの全貌」、「ブレークアウト手法」、「プライスアクション初級編PDFダウンロード」etc...

このブログを一通り読めば、相当な実力がつきます

ただ、記事数が多いので、一気に読むのは不可能でしょう。

安定して勝てるFXトレーダーになるために必要なノウハウを厳選し、メールでお渡しします。

ご登録は以下のフォームから、メールアドレスのみで可能です。





dollar-exchange-rate-544949_640

Pocket

「いいね!」ボタンで応援していただけると幸いです

コメント

sponsored link

サブコンテンツ

このページの先頭へ