専業トレーダーのサンチャゴがデイトレード手法/スキャルピング手法を無料で公開します。ココでしか学べない『板読み』と『歩み値』、そして『出来高』などを徹底的に解説します。トレードメンタル/資金管理/利食いと損切り手法にも自信あり!

株デイトレで稼ぐ!激レア板読み手法公開ブログ

FX コラム

FX、株、日経225先物?デイトレード対象として有利なのはどれ?

投稿日:

Pocket

FX、株、日経225先物、トレード対象として有利なのはどれでしょう。

私は株のデイトレードをお勧めします。

読者の方からのご質問

私は日経先物や株はやらず、FXをやる(まだ勝てていません)のですが、価格帯別出来高や、歩み値板などの情報を得られる株の方がFXよりもトレードに有利なのでしょうか?

読者の方からこのようなご質問をいただきました。

サンチャゴからの回答

私は株の方が有利だと思います。
理由は、ご質問にもあるとおり、株では板情報や歩み値、価格帯別出来高を見れるからです。

私は株で勝てるようになってからFXを始めました。
最初にFXをやり始めた時、かなり面喰いました。
板情報や歩み値が無いのでどうやってトレードすればいいんだ?と。

しばらく考えた末、板や歩み値がこうなっているんだろうな?と予測し、トレーダーの心理を考えてトレードするようにしました。
また、超短期のスキャルピングはやらず、すこし時間軸の長めのトレードに徹しています。

価格の位置情報だけを意識してトレードするのではなく、トレーダーの心理を読むようにトレードしています。

チャートパターンやテクニカルのシグナルではなく、今誰が困っている?誰がどこでロスカットになる?誰が罠にかかっている?を意識しているのです。
そういう考え方でチャートを見続けることで、チャートを読むのが上手くなっていきました。

ちょっと話がそれてしまいましたが、私が言いたいのは、

もし私が最初にFXから始めていたら、勝てるようになるまでに相当長い時間がかかっていただろうな、ということです。

大口は板情報と歩み値、もしくは注文情報を分析できる何らかの端末を使ってトレードしているはずです。大口のスキャルパーやデイトレーダーならなおさらです。彼らはチャートよりもそちらを重視していることでしょう。

同じ土俵で戦うのに、板情報や歩み値の存在すら知らず、チャートだけを見て戦うのですから、かなり苦戦するのは当たり前だと思うのです。

とはいえ、FXが勝てないと言っているのではありません。
FXにもメリットはたくさんあります。
トレンドが出やすいことや、土日以外は24時間営業なのでギャップで想定外の大きな損失がでることがないことです。

まずは株や日経225先物で板読みや歩み値の読解を学ぶことです。
それがどんな市場でも役立つ相場観を養うための最善の方法だからです。

そのうえで、FXに挑戦すべき時が来たら、その時は株での経験を存分に役立てればよいのです。

FXでは板情報や歩み値は見れないのか?

FXでも板情報や歩み値を見ることはできます。
InteractiveBrokers(米国)(以下IB証券)では板情報と歩み値が見れます。
C-NEXや大証FXでも板情報が見れます。(私はC-NEXや大証FXに口座を持っていないので詳細はわかりません)

IB証券のFX板

IB証券FXの板情報

とはいえ、FXは株のように1つの取引所で取引されているわけではありません。
IB証券やC-NEXの板情報や歩み値に表示される情報は、広大なインターバンク市場のなかのごく一部に過ぎません。
ですから、それらの板情報や歩み値にどれほどの信憑性があるのかは分かりません。

IB証券は初心者にはオススメできない

FXの板情報や歩み値が見れるIB証券ですが、初心者にはオススメできません。
なぜなら...

  • 米国に口座を開くことになるので英語の壁がある(IB証券日本支店ではFXは取引できない)
  • 入出金に手間がかかる
  • IB証券のFXはスプレッドが狭いのですが、手数料制なので20万通貨単位程度以上のロットで取引しないかぎりコスト高となる
  • トレードソフトが独特で操作の習得に時間がかかる
  • 最低でも100万円を入金しなければ口座を開設できない

以上の理由から、初心者がいきなりIB証券(米)に口座を開いてFXをトレードするのは現実的ではないと思われます。

どうしてもFXのデイトレードをしたいなら

最良の方法は、CME(シカゴの先物市場)の6Eをトレードすることです。
6EはEUR/USDの先物です。
世界最大の先物市場で取引されている先物なので透明性もばっちり。板情報や歩み値も見れます。
値動きはEUR/USDとほとんど同じです。

取引コストはちょっと高めですが。許容範囲内だと思います。
こちらもIB証券(米)で取引できます。

IB証券に口座を作り、6Eの板や歩み値を見ながら
取引コストの安いGMOクリック証券【FX】
で取引するのもありです。

6Eを1枚トレードするのはEUR/USDを10万通貨単位トレードするようなイメージです。
また、リアルタイムマーケットデーターの購読などに費用はかかります。
これも初心者にはオススメではないです。

やはり、株でデイトレードを学び、そこで得た相場観でGMOクリック証券【FX】などの業者を使ったFXデイトレードにシフトしていく。
それがFXデイトレーダーになるための最良のルートだと思います。

板読みの大切さが分かる記事


これからも安定して勝てるトレーダーになるためのノウハウを効率よく学びたい方、ブログでは公開していない特別ページをご覧になりたい方は、メールアドレスをご登録ください。

最短で安定して勝てるようになるためのノウハウを、無料で配信します。

  • 具体的なトレード手法も学べる特設サイトのパスワード
  • 相場の本質を学べる無料メール講座(全31回)(今後も追加予定)
  • ボタン1つで入力と集計が可能!高機能なExcelトレード日誌のダウンロード
  • マルチタイムフレームピボット(MTF_Pivot)トレステ版のダウンロード
  • フル板の情報をチャートにヒストグラムで表示するインジケーター(トレステ版)
  • 「通貨ペアの選び方」、「ラウンドナンバースキャルピングの全貌」、「ブレークアウト手法」、「プライスアクション初級編PDFダウンロード」etc...

このブログを一通り読めば、相当な実力がつきます

ただ、記事数が多いので、一気に読むのは不可能でしょう。

安定して勝てるFXトレーダーになるために必要なノウハウを厳選し、メールでお渡しします。

ご登録は以下のフォームから、メールアドレスのみで可能です。



dollar-exchange-rate-544949_640

Pocket

必読の記事

MTF_Pivotを適用したチャート画像 1

ヘッジファンドでも使われているから反応しやすい!と言われるマルチタイムフレームピボット(MTF_Pivot)のトレードステーション版を無料で入手していただき、その使い方も詳しく解説します。 マルチタイ ...

2

目次1 対象となる読者2 サンチャゴ流出来高分析のエッセンス3 トレードにおいて知りたいことは1つ4 新しい手法でもなければ、サンチャゴが発明したわけでもない5 並行して読んでほしい本5.1 ジェシー ...

トレードは職人技だ 3

株のデイトレードは職人芸です。そしてその中心に位置するスキルが歩み値です。 この記事では、本屋に売っている株本にはチョロっとしか書かれていない、歩み値の見方の真実を徹底的に解説します。 ティッカーテー ...

no image 4

価格帯別出来高をデイトレードやスキャルピングに活かす方法を9日間にわたって書いてきました。 この9日間であなたは下記のようなことを学びました。 最後に、もう一度おさらいしておきましょう。 目次1 価格 ...

1月29日パナソニック15分足 5

この記事では同一気配約定情報を使い、「板読みと歩み値の読解を簡素化する方法」を解説します。「株や日経225先物デイトレードのエントリー精度が低くて困っている!」「歩み値が上手く読めない!」という方は是非参考にしてください。

かなり重要な記事なので気合を入れ過ぎ、ちょっと長い記事になってしまいましたが、じっくり読む価値があります。

Full_Ita_OnChartインジケーター 6

チャート上にフル板の情報をヒストグラム表示し、リアルタイムで更新し続けるトレードステーションのインジケーターを開発しました。 どこに大きな買い板が入っているのか?どこの大きな売り板が入っているのか?ど ...

7

マネックス証券のTradeStation(トレードステーション)は、米国で開発された、株の世界における最強のトレードツールです。そのトレードステーションが東証の株に対応。しかも無料。ということで、早速 ...

8

トレードステーション版の新しい価格帯別出来高インジケーターを作りました。 価格帯別出来高のインジケーターは本家マネックス証券が提供してくれているものもあるのですが、計算対象の期間を自由に変更できるよう ...

-FX, コラム
-, , , , ,

Copyright© 株デイトレで稼ぐ!激レア板読み手法公開ブログ , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.