専業トレーダーのサンチャゴがデイトレード手法/スキャルピング手法を無料で公開します。ココでしか学べない『板読み』と『歩み値』、そして『出来高』などを徹底的に解説します。トレードメンタル/資金管理/利食いと損切り手法にも自信あり!

株デイトレで稼ぐ!激レア板読み手法公開ブログ

相場心理

テクニックの向こうにあるもの トレードメンタル【5】 確率論で考える

投稿日:

Pocket

安定して利益をあげるトレーダーには下記のような共通点がある。

  • 勝てるトレーダーのトレード手法は確率論をベースにしている
  • 買い手か売り手、どちらの勢力が圧倒しているのかを常に観察し、勝っている方につこうとする
  • トレードの結果がどうなるかは全く分からないという不確実性を受け入れ、ギャンブルを楽しむがごとく、その不確実性を楽しんでいる
  • 相場は天気のようなもの、最終的にどうなるかは相場に聞いてくれと思っている
  • 「自分が正しい」「このエントリーは確実だ」などとは決して思わない。

    Sponsored Link

    ここでとても重要な相場の真実について触れておこう。

    ある日の午前10時の時点でそれまでの値動きが前日と全く同じだったとする。
    10時以降の値動きも前日と同じになるべきだと思うかもしれない。

    だが、相場において、すべての瞬間がユニークなものとなる。

    なぜか?

    前日と同じトレーダーが参加しているとは限らないし、同じことをするとは限らないからだ。
    どこかのヘッジファンドがなんの前触れもなく突然100万株を成り行きで売ってくるということもあり得る。

    この真実は、我々トレーダーにとっての一つの重要な結論を導き出す。

    1回1回のトレードに注目した場合、全てのトレードの結果は常にランダムである!

    トレーダーとして成功したいなら、このことを理解しなければならない。
    書き出して壁に貼るなり、モニターのふちに貼るなりして頭に叩き込んでほしい。

    トレードの結果には2つしかない。

    勝ちトレード
    負けトレード

    次のトレードが勝ちトレードになるのか、負けトレードになるのかを知ることはできない。
    勝率90パーセントの手法だとしても、90パーセントの勝ちトレードがどこで出て、10%の負けトレードがどこで出るのかはわからない。
    1回1回のトレードに注目した場合、全てのトレードの結果は50:50、ランダムだ。

    エントリーしたら、この瞬間がユニークであることを理解し、ランダムな結果をコントロールすることはできないのだから、プラン通りに利食いや損切をするしかないのだ。

    トレードの結果が常に50:50でランダムなら、なぜトレードするんだ?
    トレードする意味ないじゃん、儲からないじゃん。

    と言う人もいるだろう。

    そういう人は、1回1回のトレード結果と、100回トレードしてまとめた結果とを混同している

    100回トレードした結果が大体いつも65%のトレーダーなら、100回トレードした結果はランダムではなく、勝率65%ぐらいになるだろう と言える。

    だが、1回1回のトレード結果は常にランダムだ。
    どこで勝ちトレードが来て、どこで負けトレードが来るかわからない。

    100回あたりの結果には優位性があるという根拠があって、
    1回1回のトレード結果は常にランダムだと心の底から分かったなら、

    1回1回のトレード結果を気にしてエントリーで躊躇しても意味がない

    とわかってもらえるだろう。

    躊躇してエントリーやエグジットのチャンスを逃してしまったら、100回あたり優位性は壊れてしまうし、トレーダー生命に関わるもっと悪いこと、メンタル破産が起きる。

    トレードメンタル【6】 良いメンタルを貯金する の記事につづく


    これからも安定して勝てるトレーダーになるためのノウハウを効率よく学びたい方、ブログでは公開していない特別ページをご覧になりたい方は、メールアドレスをご登録ください。

    最短で安定して勝てるようになるためのノウハウを、無料で配信します。

    • 具体的なトレード手法も学べる特設サイトのパスワード
    • 相場の本質を学べる無料メール講座(全31回)(今後も追加予定)
    • ボタン1つで入力と集計が可能!高機能なExcelトレード日誌のダウンロード
    • マルチタイムフレームピボット(MTF_Pivot)トレステ版のダウンロード
    • フル板の情報をチャートにヒストグラムで表示するインジケーター(トレステ版)
    • 「通貨ペアの選び方」、「ラウンドナンバースキャルピングの全貌」、「ブレークアウト手法」、「プライスアクション初級編PDFダウンロード」etc...

    このブログを一通り読めば、相当な実力がつきます

    ただ、記事数が多いので、一気に読むのは不可能でしょう。

    安定して勝てるFXトレーダーになるために必要なノウハウを厳選し、メールでお渡しします。

    ご登録は以下のフォームから、メールアドレスのみで可能です。



    dollar-exchange-rate-544949_640

    Pocket

    必読の記事

    MTF_Pivotを適用したチャート画像 1

    ヘッジファンドでも使われているから反応しやすい!と言われるマルチタイムフレームピボット(MTF_Pivot)のトレードステーション版を無料で入手していただき、その使い方も詳しく解説します。 マルチタイ ...

    2

    目次1 対象となる読者2 サンチャゴ流出来高分析のエッセンス3 トレードにおいて知りたいことは1つ4 新しい手法でもなければ、サンチャゴが発明したわけでもない5 並行して読んでほしい本5.1 ジェシー ...

    トレードは職人技だ 3

    株のデイトレードは職人芸です。そしてその中心に位置するスキルが歩み値です。 この記事では、本屋に売っている株本にはチョロっとしか書かれていない、歩み値の見方の真実を徹底的に解説します。 ティッカーテー ...

    no image 4

    価格帯別出来高をデイトレードやスキャルピングに活かす方法を9日間にわたって書いてきました。 この9日間であなたは下記のようなことを学びました。 最後に、もう一度おさらいしておきましょう。 目次1 価格 ...

    1月29日パナソニック15分足 5

    この記事では同一気配約定情報を使い、「板読みと歩み値の読解を簡素化する方法」を解説します。「株や日経225先物デイトレードのエントリー精度が低くて困っている!」「歩み値が上手く読めない!」という方は是非参考にしてください。

    かなり重要な記事なので気合を入れ過ぎ、ちょっと長い記事になってしまいましたが、じっくり読む価値があります。

    Full_Ita_OnChartインジケーター 6

    チャート上にフル板の情報をヒストグラム表示し、リアルタイムで更新し続けるトレードステーションのインジケーターを開発しました。 どこに大きな買い板が入っているのか?どこの大きな売り板が入っているのか?ど ...

    7

    マネックス証券のTradeStation(トレードステーション)は、米国で開発された、株の世界における最強のトレードツールです。そのトレードステーションが東証の株に対応。しかも無料。ということで、早速 ...

    8

    トレードステーション版の新しい価格帯別出来高インジケーターを作りました。 価格帯別出来高のインジケーターは本家マネックス証券が提供してくれているものもあるのですが、計算対象の期間を自由に変更できるよう ...

    -相場心理
    -, , ,

    Copyright© 株デイトレで稼ぐ!激レア板読み手法公開ブログ , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.