テクニックの向こうにあるもの 勝てるトレーダーの心構え 【3】人間の本性

Pocket

リスク回避とリスク追求

あなたはある種の宝くじに当選したとする。
その名も、条件付きの300万円当選
いったん300万円を手にするが、
すぐに次の2つの選択肢のうちの1つを選ばなければならないルールだ。

1.300万円のうちの100万円を確実にもらう
2.66.7%の確率でなにももらえない

あなたならどっちを選ぶだろう。

おそらく、ほとんどの人は1を選ぶはずだ。
「ゼロは嫌だから、最低でも100万円はゲットできる1にしとこう」
という考えだ。

一方、このように選択肢が変わったらどうだろう。

1.300万円のうち200万円は確実に失う
2.33.3%の確率で300万円全部もらう

この場合、けっこうな割合の人が2の選択肢を選ぶようになるだろう。
「200万もの損を確定するのは嫌だな。全部もらえる方に賭けてみるか!」
という人が増えるというわけだ。

さて、1と2、どちらが得なのだろう?

Sponsored Link

答えは、「どっちでも同じ」だ。
選択肢は変わるが、これらの賭けの本質は全く同じで、
選択肢の文章の書き方を、
もらえるものにフォーカスするか、失うものにフォーカスするかで変えただけだ。

この賭けは1を選んでも2を選んでも期待値としては全く同じだ。
1を選んだら100万円を確実にもらえるし、2を選んだ場合の期待値も100万円だ。
ここで言う期待値とは、その賭けを際限なく続けた場合、平均してもらえる金額のことだ。

この例で理解してもらいたいのは、
人間というのは、

利益を意識するとリスクを回避しようとする
損失を意識するとリスクを取ろうとする

ということだ。

これは大昔から人間の脳にプログラムされた思考方法だ。

この思考方法はトレードではどのように働くだろう。

1.ポジションが含み損になっているときは、ロスカット幅を広げたり、もっと時間を与えたりしてロスカットになるのを避けようとする。
この場合、損失に気持ちが集中し、金額的なリスクや時間的なリスクをより多く取ろうとしていることに注目してほしい。

2.一方、ポジションに利益が乗っているときは、利益を失うのを恐れて小さな利益で利食いしてしまおうとする。
この場合は利益に気持ちが集中し、金銭的なリスクや時間的なリスクを避けようとしていることに注目してほしい。

古代から続く人間の本性は、
損失を引き伸ばし、利益は早めに取る傾向があるということだ。

この性質はすべての人間の中にインプットされていて、無理やりおさえこもうとしても無駄なようだ。

おさえこめないなら、その性質を理解し、上手くコントロールすることになる。

人間の本性に対する理解力は、トレードマネジメントにおいておおいに役立つ。


これからも安定して勝てるトレーダーになるためのノウハウを効率よく学びたい方、ブログでは公開していない特別ページをご覧になりたい方は、メールアドレスをご登録ください。

最短で安定して勝てるようになるためのノウハウを、無料で配信します。

  • 具体的なトレード手法も学べる特設サイトのパスワード
  • 相場の本質を学べる無料メール講座(全31回)(今後も追加予定)
  • ボタン1つで入力と集計が可能!高機能なExcelトレード日誌のダウンロード
  • 「通貨ペアの選び方」、「ラウンドナンバースキャルピングの全貌」、「ブレークアウト手法」、「プライスアクション初級編PDFダウンロード」etc...

このブログを一通り読めば、相当な実力がつきます

ただ、記事数が多いので、一気に読むのは不可能でしょう。

安定して勝てるFXトレーダーになるために必要なノウハウを厳選し、メールでお渡しします。

ご登録は以下のフォームから、メールアドレスのみで可能です。



dollar-exchange-rate-544949_640

Pocket

「いいね!」ボタンで応援していただけると幸いです

コメント

sponsored link

サブコンテンツ

このページの先頭へ