トレードスキルを身につける

Pocket

トレードとはなんだろう?
の記事であなたは
トレードにおける不確実性を好きになり、トレードがスキルであり、競争であることを理解した。

次はどのようなトレードスタイルを選択し、どうやってスキルを身につけるかを考えてみよう。

大前提として、当たり前だが、トレードも他の分野と同じで、

繰り返し練習することが重要だ。

このことを踏まえたうえで、いろいろなトレードスタイルを検討してみよう。

スイングトレーダーとは数日から数週間ポジションを持つトレードスタイルだ。
月に数回トレードする。

デイトレーダーとは1日に3~5回程度トレードしようとするトレードスタイルだ。
見ている銘柄が多ければもっとトレード回数は多くなる。

スキャルパーは1時間に数回トレードチャンスを狙うトレーダーだ。
なかには1分に1回トレードするような超高回転なスキャルパーもいる。

どのトレードスタイルがベストな選択なのだろう?

答えは、どれがベストでもない。

人によって向き不向きがあるし、それぞれのトレードスタイルに良い面がある。

しかし、スキルを身につける、経験を積むという観点で見てみると違ってくる。

トレードプランを立てる、見極める、トレードするというサイクルをどれくらいの頻度で繰り返すかで、経験を積むスピードが変わってくる。

デイトレーダーは基本的に1日に1回のサイクル、スイングトレーダーだと数日に1回。

これだと経験を積むのにかなり時間がかかる。

一方、スキャルピングはどうだろう?

1時間に数回だったり、1分に1回こういった短い間隔で一連のトレード作業を繰り返すことになる。

これだと、経験を積むスピードは格段に上がる。

だから、プロップファームでは新人にはスキャルピングだけをひたすらやらせる。

一般のトレーダーの場合も、できるだけ早く経験を積みたいなら、スキャルピングから始めるのが良いだろう。

とはいえ、ずっとスキャルピングをやるべきだということではない。

自分の性格がデイトレーダーに向いているならデイトレーダーになればいいし、のんびりした性格でスイングトレーダーが性に合っているならスイングトレーダーになればいい。

今は松井証券の一日信用やGMOクリック証券など、手数料が無料であったりとてつもなく安い証券会社があるので、手数料負けすることはないだろう。
スキャルピングから始めることのデメリットはほとんどない。

最初は勝てないだろうが、最小のロットでトレードしていれば授業料は低く抑えられる。

賛否両論あるだろうが、私はスキャルピングで修行することをお勧めする


これからも安定して勝てるトレーダーになるためのノウハウを効率よく学びたい方、ブログでは公開していない特別ページをご覧になりたい方は、メールアドレスをご登録ください。

最短で安定して勝てるようになるためのノウハウを、無料で配信します。

  • 具体的なトレード手法も学べる特設サイトのパスワード
  • 相場の本質を学べる無料メール講座(全31回)(今後も追加予定)
  • ボタン1つで入力と集計が可能!高機能なExcelトレード日誌のダウンロード
  • 「通貨ペアの選び方」、「ラウンドナンバースキャルピングの全貌」、「ブレークアウト手法」、「プライスアクション初級編PDFダウンロード」etc...

このブログを一通り読めば、相当な実力がつきます

ただ、記事数が多いので、一気に読むのは不可能でしょう。

安定して勝てるFXトレーダーになるために必要なノウハウを厳選し、メールでお渡しします。

ご登録は以下のフォームから、メールアドレスのみで可能です。




dollar-exchange-rate-544949_640

Pocket

「いいね!」ボタンで応援していただけると幸いです

コメント

sponsored link

サブコンテンツ

このページの先頭へ