300時間でなんとか勝ち組に入るためのシンプルな4つのステップ

Pocket

300時間を有効に使うシンプルな4つのステップ

300時間で株・日経225先物デイトレードの勝ち組に入れるとお話ししました。

ただし、適当に300時間デイトレードの練習していたらいいわけではないです。

それを実現するためには、その300時間を正しい方向性で使わなければいけません。

今日はその方法のお話です。

まずは、この動画でモチベーションを高めてから、記事を読み進めてください。
こういう熱いの好きです。

1.スキルを細分化して何が一番重要かを知る

最終的にどうなりたいかを決めます。
それは「デイトレードである程度安定して勝てるようになること」ですね。
しかし、デイトレードで安定して勝つスキルというのは、様々なスキルが束になったものなんです。
それは、私のブログや電子書籍を読んでくれているあなたは理解されているでしょう。

デイトレードで安定して勝つために必要なスキルを細分化すると、

  • いったい何を練習したらよいのか?
  • どのスキルが難しくて、どのスキルは比較的簡単なのか?
  • 上位5%に入るにはどのスキルが最も重要なのか?

こういったことが明らかになってきます。

ここで重要なこと。

300時間で勝てるトレーダーになりたいなら、もっとも重要なスキルを最初に習得することです。

デイトレードにはどんなスキルがありましたか?
例えば、下記のようなスキルがありましたね。

多くの人はローソク足やテクニカルのスキル習得にほとんどの時間を費やします。
もちろん、全部重要ですが、最初にやるべきなのはそこじゃありません。

板読みと歩み値、同一気配約定情報で大口注文を読むのが先です。
素早く発注するスキルの方が先です。

車の運転に例えるなら、チャートやテクニカルはカーナビみたいなものです。

初心者に必要なのは、カーナビを完璧に使いこなすことではありませんよね。

まず重要なのは、ハンドルやアクセル、ブレーキなどの基本的な操作に慣れること。
そして、目の前で起きていることに細心の注意を払うことです。

2.まずは自分で軌道修正できるレベルになる

よくある間違いがあります。
それは、テクニカル分析や、ローソク足チャートについての分厚い専門書を読破して完璧に理解するところから始めようとすることです。
テクニカルに詳しくなれば勝てると勘違いしてしまい、
SMA、EMA、RSI、ストキャスティクス、MACD、ボリンジャーバンド、一目均衡表、VWAP、ローソク足のパターン、これらを全部理解しようとします。

そうじゃないんです。
それは遅延行為に他なりません。

まず、テクニカル分析やローソク足の読解は「役に立つスキル」ですが、最も重要なスキルではありません。
最も重要なスキルは板情報や歩み値を読み、大口の動きを読むスキルです。

板や歩み値の無いFXにしても、テクニカルが一番重要ではありません。
ラインを引くスキル、大口がやりそうなことを予測するスキルの方がずっと重要です。

さらに、分厚い本を何冊も読んで理解出来た時点でもう300時間使っているかもしれません。
そんな回り道をしていたら、時間がいくらあっても足りません。

そうではなく、まずは日々デイトレードしてみてください。
好きな銘柄を決めて、ラインを引き、板情報や歩み値、同一気配約定情報とにらめっこしてください。

1か月もしたら、私がこれまでに解説してきたこと
歩み値の6要素
大口注文の読み方
などがだんだん見えてきます。

そして、自分で自分の間違いを正せるようになります。

大口の動きに逆らっていないか?
エントリーが速すぎないか?
エントリーには根拠があったのか?
エグジットには根拠があったのか?

負けが続いても、自分の間違いに自分で気づけるようになってくるんです。

そうなれば、ひたすらデイトレードを繰り返し、試行錯誤しながら最速で「安定して勝てるトレーダー」の境地に近づけるでしょう。

3.邪魔になるものを取り除いてみる

Sponsored Link


細分化したら、重要度の低いものはできるだけ取り除きましょう。

テクニカル分析に過度に傾倒しているひとなら、テクニカルを全部非表示にしてください。

チャートをいくつも表示して何が何だか分からなくなっているなら、チャートは1つだけにしてください。

そして板情報、歩み値、同一気配約定情報を表示して一番大切なこと、「大口は何をやっているのか?」に集中してください。

4.とりあえず300時間はやる

1つの手法をやろうと決めたのに、1週間ほどやってみて手ごたえを掴めなかっただけで、「再現性がない」と判断してやめてしまう人がいます。
どんな手法も、300時間ぐらい練習して自分のものにしないと「再現性」なんて期待できません。
札束の画像と共に、「超簡単、誰でもすぐにできる!」「すぐにお金持ち」と謳っているなら、それはアホなシステムトレード販売者か、詐欺師のどちらかです。
そういう低いレベルでデイトレードに取り組んではいけません。

やると決めたんなら、意識を高く持ち、300時間は取り組んでみることです。

300時間で勝ち組に入る方法 まとめ

  1. デイトレードのスキルを分割して、一番重要なことに大切な時間的資源を集中する
  2. 分厚い専門書を何冊も読むよりも、まずは一番大切なスキルの基本的な部分を理解し、自分で軌道修正しながら学べるようになる
  3. 重要度の低いものをいったん切り捨ててみる
  4. やるべきことが分かったら、とりあえず300時間は頑張れ

300時間で勝てるようになるかどうかは保証できませんが、この考え方でデイトレードに挑んだら、あなたはびっくりするほど成長していることでしょう。

健闘を祈る!


これからも安定して勝てるトレーダーになるためのノウハウを効率よく学びたい方、ブログでは公開していない特別ページをご覧になりたい方は、メールアドレスをご登録ください。

最短で安定して勝てるようになるためのノウハウを、無料で配信します。

  • 具体的なトレード手法も学べる特設サイトのパスワード
  • 相場の本質を学べる無料メール講座(全31回)(今後も追加予定)
  • ボタン1つで入力と集計が可能!高機能なExcelトレード日誌のダウンロード
  • 「通貨ペアの選び方」、「ラウンドナンバースキャルピングの全貌」、「ブレークアウト手法」、「プライスアクション初級編PDFダウンロード」etc...

このブログを一通り読めば、相当な実力がつきます

ただ、記事数が多いので、一気に読むのは不可能でしょう。

安定して勝てるFXトレーダーになるために必要なノウハウを厳選し、メールでお渡しします。

ご登録は以下のフォームから、メールアドレスのみで可能です。



dollar-exchange-rate-544949_640

Pocket

「いいね!」ボタンで応援していただけると幸いです

コメント

sponsored link

サブコンテンツ

このページの先頭へ