専業トレーダーのサンチャゴがデイトレード手法/スキャルピング手法を無料で公開します。ココでしか学べない『板読み』と『歩み値』、そして『出来高』などを徹底的に解説します。トレードメンタル/資金管理/利食いと損切り手法にも自信あり!

株デイトレで稼ぐ!激レア板読み手法公開ブログ

トレード手法 ブログねた

サンチャゴのデイトレードスタイル このブログで学べること

投稿日:

Pocket

基本は逆張りライントレード

今日は私のトレード手法がどんなものかをざっくりと書きたいと思う。
詳しい説明は追々やっていくので、今日はあくまでざっくりと。

私のデイトレードにおけるトレード手法はライントレードだ。

多くのトレーダーが意識するであろうラインを引き、
そこに相場が来るのを待ち構える。

そして多くの場合はそこで逆張りを仕掛ける。

ほとんどの場合はラインでの逆張りを狙っていて、よっぽどブレークアウトしそうな時だけブレークアウトを狙う。
デフォルトは逆張りデイトレードだ。

なぜなら、相場というのは、75%程度はレンジ相場になるからだ。

トレンド相場になる25%の場合ですべて負けたとしても、トータルではプラスになる。

それに経験を積めば、今日は逆張りしてはいけない日だな~
というのがなんとなくわかるようになってくる。

この手法はこれまでの私のデイトレーダー人生の中で、株でも日経225先物でもFXすべてに通用してきた。

私のライントレード手法が長期間にわたって安定している理由は...

  • 私の引くラインが多くのトレーダーの心理が渦巻くポイントであること
  • 板読みや歩み値で反転しそうなことを確認できたときだけエントリーすること
  • 逆張りすべきでないという雰囲気を感じ取れること
  • 損切をタイトにやっていること
  • 派生的なテクニカルや遅行性のあるテクニカルに頼らないこと

このようなことを意識してトレードに根気強く取り組んできたのが良かったのだと思っている。

サンチャゴ流ライントレードに必要なスキル

次に、ライントレードをマスターするために必要なスキルを挙げてみよう。

サポートライン/レジスタンスラインを引く技術

まず、相場が高確率で反応するサポートライン、レジスタンスラインを引く技術が必要だ。
デイトレードでは、前日までの値動きを見て予習しておくことが重要。
ドライブに行く前に地図を見て大体の道順を頭に入れておけば多くのトラブルを避けられるのと同じこと。

では、ラインにはどのような種類があるのだろうか。

前日までに決まっているライン

これは前日の終値までに確定し、次の日の値動きに関係なくそこにあるラインだ。

前日の高値/安値
年初来高値/安値
ピボット
フィボナッチライン
日足の移動平均線
シメントリーライン
トラップライン
前日のマーケットプロファイル/ボリュームプロファイル

これらをすべて引くわけではないが、その日のひらめきでいくつかをピックアップして引いてみて、いくつかのラインが重なるポイントを重要なサポートライン/レジスタンスラインとなる。

日中に出現するライン

日中に出現し、日中の値動きによって変動するラインのことだ。

例えば...

日中足の移動平均線
VWAPライン
日中のスイングハイ/スイングロー
当日のマーケットプロファイル/ボリュームプロファイル
日中のトラップライン

ライン引きは決して難しくない

ラインの引き方自体はそんなに難しくないので心配いらない。
ちょっと練習すれば誰でもすぐに引けるようになる。
ラインの引き方 の記事群を参考にしてトレーニングを積むとよい。

サポートライン/レジスタンスラインで止まりそうかを見極める技術

次に、ラインで止まりそうなのか、それともブレークアウトして動きが継続していきそうなのかを高確率で予測する技術が必要だ。

残念ながら、これは決して簡単ではない。
技術面だけなら、トレーダーが勝てるかどうかはココにかかっているといってもよい。

逆張りトレーダーであってもブレークアウトトレーダーであっても結局はココに行きつく。

逆張りトレーダーなら、ラインで止まるのだろうかどうかを考える。

ブレークアウトトレーダーならラインを抜けていくかどうかを考える。

結局は裏表が違うだけで、同じものを見ているわけだ。

どんなに高精度なラインを引けようとも、

逆張りトレーダーは単純にラインに指値を置くだけでは安定して勝てない。

ブレークアウトトレーダーは単純にラインを抜けたところに逆指値を置くだけでは安定して勝てない。

相場がラインに近づいてきたら、そこでチャート、板、歩み値、出来高、相場勘などを頼りにエントリーする。

その時に相場の動きを見極める精度が一定以上になれば安定して勝てるトレーダーになれる。
(もちろん、その上にトレードメンタルの安定が必要)

問題は、ラインで止まりそうなのか、抜けていきそうなのかをどうやって見分けるかだ。

その答えは1つではない。

株、日経225先物、FX、トレードする対象によっても違うし、その日の相場環境によっても違う。

相場には「これをやっていればOK」という絶対的な法則があるわけではない。

だが、私は10年の経験で自分なりの答えをいくつか持っている。

それをこのブログで紹介していこうと思う。

トレードメンタルを整え、維持する技術

結局のところ、ほかの技術がいかに凄くても、トレードメンタルが崩壊してしまったらなんにもならない。
それまでに何億円稼いでいようと、どんなスキルを持っていようと、トレードメンタルが崩壊したら一瞬にして全てを失うことは簡単なのだ。

「トレードメンタル?あー、あれね、感情を無視して淡々とやればいいんでしょ?」
と思ったひとは必ず私の トレードメンタル記事 を全て読むようにしてほしい。
トレードの世界は誤解であふれている。トレードメンタルも例外ではない。

トレードマネジメントの技術

素晴らしいエントリーをしてもそのあとの利食い/損切りが悪ければ安定して利益を上げることはできない。
「バックテストで最大の利益を上げれた利食い/損切り方法がベストなわけではない」ということを理解しなければ、あなたはデイトレーダーとして長く生き残ることはできないだろう。

マネーマネジメント(資金管理)の技術

あなたはトレーダーであると同時に、資金管理者でもある。
資金管理者である自分が常に最高権力を持っていなければならない。
トレーダーである自分が資金管理者である自分に反抗するようではトレードというビジネスは成り立たない。

サンチャゴのデイトレードスタイル このブログで学べること まとめ

このブログでは以下のようなことが学べる。

  • サポートライン/レジスタンスラインを引く技術
  • ラインで反転しそうかどうかを見分ける技術
  • タイトなエグジットの技術
  • 安定したトレードメンタル
  • トレードマネジメントの技術
  • 資金管理の技術
  • これらのことを学び、本気でデイトレードに取り組めば、数か月~数年のうちに安定して利益を上げれるトレーダーになれるだろう。

    「これを読めば今すぐに安定して勝てるトレーダーになれる!」

    そんな方法があれば是が非でもあなたに教えてあげたいが、そんなものに出会ったことはない。

    そんなものは本当に無いのだ。

    もしそんな内容のセールスレターがあったら、それは詐欺商材だ。

    次々に新しいデイトレ商材を勧めてくるメールが来たら、そいつは詐欺アフィリエイターだ。

    一目散に逃げること。

    私自身が安定して勝てるようになるまでに3年もかかったのだから、無責任なことは言えない。

    しかし、何もないところから、いろんな詐欺商材に引っかかりつつも最終的に自分の手法を編み出した私に比べたら、たまたまこのブログに出会ったあなたはもっと早くその境地いたどり着けるかもしれない。

    あとはあなたの決意とやる気次第だ。

    あなたが本当にデイトレーダーになりたいのかを確認し、あなたのやる気が本物なら、さっそく証券会社に口座を開いてトレーニングを始めよう。


    これからも安定して勝てるトレーダーになるためのノウハウを効率よく学びたい方、ブログでは公開していない特別ページをご覧になりたい方は、メールアドレスをご登録ください。

    最短で安定して勝てるようになるためのノウハウを、無料で配信します。

    • 具体的なトレード手法も学べる特設サイトのパスワード
    • 相場の本質を学べる無料メール講座(全31回)(今後も追加予定)
    • ボタン1つで入力と集計が可能!高機能なExcelトレード日誌のダウンロード
    • マルチタイムフレームピボット(MTF_Pivot)トレステ版のダウンロード
    • フル板の情報をチャートにヒストグラムで表示するインジケーター(トレステ版)
    • 「通貨ペアの選び方」、「ラウンドナンバースキャルピングの全貌」、「ブレークアウト手法」、「プライスアクション初級編PDFダウンロード」etc...

    このブログを一通り読めば、相当な実力がつきます

    ただ、記事数が多いので、一気に読むのは不可能でしょう。

    安定して勝てるFXトレーダーになるために必要なノウハウを厳選し、メールでお渡しします。

    ご登録は以下のフォームから、メールアドレスのみで可能です。



    dollar-exchange-rate-544949_640

    Pocket

    必読の記事

    MTF_Pivotを適用したチャート画像 1

    ヘッジファンドでも使われているから反応しやすい!と言われるマルチタイムフレームピボット(MTF_Pivot)のトレードステーション版を無料で入手していただき、その使い方も詳しく解説します。 マルチタイ ...

    2

    目次1 対象となる読者2 サンチャゴ流出来高分析のエッセンス3 トレードにおいて知りたいことは1つ4 新しい手法でもなければ、サンチャゴが発明したわけでもない5 並行して読んでほしい本5.1 ジェシー ...

    トレードは職人技だ 3

    株のデイトレードは職人芸です。そしてその中心に位置するスキルが歩み値です。 この記事では、本屋に売っている株本にはチョロっとしか書かれていない、歩み値の見方の真実を徹底的に解説します。 ティッカーテー ...

    no image 4

    価格帯別出来高をデイトレードやスキャルピングに活かす方法を9日間にわたって書いてきました。 この9日間であなたは下記のようなことを学びました。 最後に、もう一度おさらいしておきましょう。 目次1 価格 ...

    1月29日パナソニック15分足 5

    この記事では同一気配約定情報を使い、「板読みと歩み値の読解を簡素化する方法」を解説します。「株や日経225先物デイトレードのエントリー精度が低くて困っている!」「歩み値が上手く読めない!」という方は是非参考にしてください。

    かなり重要な記事なので気合を入れ過ぎ、ちょっと長い記事になってしまいましたが、じっくり読む価値があります。

    Full_Ita_OnChartインジケーター 6

    チャート上にフル板の情報をヒストグラム表示し、リアルタイムで更新し続けるトレードステーションのインジケーターを開発しました。 どこに大きな買い板が入っているのか?どこの大きな売り板が入っているのか?ど ...

    7

    マネックス証券のTradeStation(トレードステーション)は、米国で開発された、株の世界における最強のトレードツールです。そのトレードステーションが東証の株に対応。しかも無料。ということで、早速 ...

    8

    トレードステーション版の新しい価格帯別出来高インジケーターを作りました。 価格帯別出来高のインジケーターは本家マネックス証券が提供してくれているものもあるのですが、計算対象の期間を自由に変更できるよう ...

    -トレード手法, ブログねた
    -, , ,

    Copyright© 株デイトレで稼ぐ!激レア板読み手法公開ブログ , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.