サポートライン・レジスタンスラインの引き方【2】 フィボナッチライン

Pocket

フィボナッチライン

フィボナッチラインとは、フィボナッチ数を元に計算したラインのことだ。
フィボナッチ数についてはWikipediaのページを参照してほしい。

要するに、自然現象にはフィボナッチ比率やフィボナッチ数が頻繁に表れるということらしい。
花弁の数、果実の螺旋の数がフィボナッチ数であることが多かったり、
蜂の巣にいるオスとメスの比率がフィボナッチ比率であることも多いのだとか。
さらに、誰も知らない超古代文明か宇宙人が作ったと言われるエジプトのピラミッドだが、その縦横比率など、構造に現れる比率がフィボナッチ数だというのだ。

私は数学のことは良くわからないが、フィボナッチ係数というものには何かあるのは確かなようだ。

株や日経225先物などの相場も多数のトレーダーの心理が織りなす自然現象といっても差し支えないだろう。
それ故に、相場のスイングに対するプルバックやエクステンションの比率がフィボナッチ比率になることが多いというわけだ。

Sponsored Link

トレードにおいてよく使われるフィボナッチ比率は
プルバックとしては38.2%、61.8%
エクステンションとしては128.2%、161.8%というのが一般的だ。

プルバックとしては23.6%/50%/76.4%というラインも使われることがある。

先程のチャートにフィボナッチラインを追加し、トラップラインと重なっているエリアを探してみよう。
もし重なっていたらそこは強力なレジスタンスエリアとなる。

今回の場合はダウントレンドに対するプルバックがどこで止まりそうかを見つけたいので
12月3日の高値を起点として12月5日の安値までフィボナッチツールを引っ張ってみよう。
するといくつかのフィボナッチラインが引かれる。
このようなツールはたいていのチャートソフトについているだろう。

今回は以下のように3つの有望な重複エリアを見つけることができた。

1 フィボナッチ23.6%ラインとスイングハイが重なっているエリア

2 フィボナッチ38.3%ラインとトラップライン、スイングハイが重なっているエリア

3 フィボナッチ61.8%ラインとトラップラインが重なっているエリア

フィボナッチライン画像

フィボナッチラインは多くのトレーダーが注目しているラインだが、それ単独では効果が薄いと思っている。
トラップラインやチャートパターン、ピボットナンバーなどと重複しているときに強力なラインとなる。


これからも安定して勝てるトレーダーになるためのノウハウを効率よく学びたい方、ブログでは公開していない特別ページをご覧になりたい方は、メールアドレスをご登録ください。

最短で安定して勝てるようになるためのノウハウを、無料で配信します。

  • 具体的なトレード手法も学べる特設サイトのパスワード
  • 相場の本質を学べる無料メール講座(全31回)(今後も追加予定)
  • ボタン1つで入力と集計が可能!高機能なExcelトレード日誌のダウンロード
  • 「通貨ペアの選び方」、「ラウンドナンバースキャルピングの全貌」、「ブレークアウト手法」、「プライスアクション初級編PDFダウンロード」etc...

このブログを一通り読めば、相当な実力がつきます

ただ、記事数が多いので、一気に読むのは不可能でしょう。

安定して勝てるFXトレーダーになるために必要なノウハウを厳選し、メールでお渡しします。

ご登録は以下のフォームから、メールアドレスのみで可能です。



dollar-exchange-rate-544949_640

Pocket

「いいね!」ボタンで応援していただけると幸いです

コメント

sponsored link

サブコンテンツ

このページの先頭へ