専業トレーダーのサンチャゴがデイトレード手法/スキャルピング手法を無料で公開します。ココでしか学べない『板読み』と『歩み値』、そして『出来高』などを徹底的に解説します。トレードメンタル/資金管理/利食いと損切り手法にも自信あり!

株デイトレで稼ぐ!激レア板読み手法公開ブログ

ライン引き方 価格帯別出来高

トラップラインの引き方【上級編】~価格帯別出来高を使ってレベルアップ!

投稿日:

Pocket

以前の記事、サポートライン・レジスタンスラインの引き方【1】 トラップラインに読者の方から大変良い質問をいただいたので、こちらの記事で回答し、補足説明しようと思います。
今後解説しようと思っていたマーケットプロファイルにもつながる内容です。
きっとあなたのサポートライン/レジスタンスラインの精度をもう一段レベルアップさせることでしょう。

ご質問

チャートでなぜその位置(赤いライン)になるのか不思議です。大陰線のスタート地点でなく、少し下に引かれているのが疑問です。
その前のローソク足のヒゲの部分ということでしょうか。
トラップライン解説チャート

赤ラインがトラップラインなのですが、長大陰線の始値ではなく、ローソク足の途中にラインを引いているのはなぜか?というご質問です。

回答

まず、ローソク足というものは、それ自体には大してなんの意味もありません。
ある時間内の高値/安値/初値/終値を示しているにすぎないのです。
1分、5分、30分と時間軸を変えることでガラッと違ってきますから。

私が意識しているのは、どこに出来高があったのか
どの価格を抜ける時にブレークアウトが始まったのかといったことです。

トラップラインの記事を書いた時には、まだ価格帯別出来高について解説していなかったので、誰にでも分かるように、皆さんが慣れ親しんでいるローソク足だけを使って解説していました。

価格帯別出来高デイトレード講座で価格帯別出来高について詳細に解説しましたので、この記事ではその知識を活かしてサポートライン、レジスタンスラインを引く方法を解説します。
価格帯別出来高デイトレード講座の記事はこちら

過去のチャートなのでこの時の価格帯別出来高はもう見れませんが、こんな感じだったと思います。

価格帯別出来高でトラップライン

絵がうますぎて分かりにくいかもしれませんが(笑)、緑の手書きラインが価格帯別出来高です。

価格帯別出来高の段差になっているところにラインを引いているのです。

上の赤ライン

左上の価格帯別出来高と、右下の価格帯別出来高の谷間に引いている感じです。
また、少し前のスイングロー、直後の2つのスイングハイとも一致しています。

下の赤ラインは

右下の価格帯別出来高の下限の段差に引いています。
ローソク足だけを見ても、長大陰線の直前3本の短い足を下に抜けたポイントでもあります。

今となっては記憶がないので憶測ですが、この赤ラインを下に抜ける直前にはこのライン上に大きな買い指値があり、そこでバトルがあったはずです。

その買い指値を皆が注目していて、売り崩される瞬間に一斉に空売りしたり、買いポジションをロスカットしたりして長大陰線をともなう下落につながったのでしょう。

そしてそのラインこそ、多くのロングがトラップにかかっているポイントなのです。

ローソク足の高値や安値にとらわれるのではなく、どこに出来高があり、どこを抜ける瞬間にブレークアウトが始まったのか?
そういうポイントにラインを引くのが最も有効なライン引きです。

実際に日中の値動きを見ていたら最高ですし、
見ていなかった場合でも、kabuステーションなど、価格帯別出来高を表示できるチャートソフトで確認するれば上手く段差を見つけえられます。

日中の価格帯別出来高の詳細を確認するには、カブドットコム証券のkabuマシーンをお勧めします。

カブドットコム証券プロモーションページへ


これからも安定して勝てるトレーダーになるためのノウハウを効率よく学びたい方は、メールアドレスをご登録ください。

最短で安定して勝てるようになるためのノウハウを、無料で配信します。

  • 相場の本質を学べる無料メール講座
  • ボタン1つで入力と集計が可能!高機能なExcelトレード日誌のダウンロード

等の内容でお届けします。

このブログを一通り読めば、相当な実力がつきます。ただ、記事数が多いので、一気に読むのは不可能でしょう。

安定して勝てるFXトレーダーになるために必要なノウハウを厳選し、メールでお渡しします。

ご登録は以下のフォームから、メールアドレスのみで可能です。



dollar-exchange-rate-544949_640

Pocket

必読の記事

MTF_Pivotを適用したチャート画像 1

ヘッジファンドでも使われているから反応しやすい!と言われるマルチタイムフレームピボット(MTF_Pivot)のトレードステーション版です。 マルチタイムフレームピボットは、意識されやすい水平線を自動的 ...

2

目次1 対象となる読者2 サンチャゴ流出来高分析のエッセンス3 トレードにおいて知りたいことは1つ4 新しい手法でもなければ、サンチャゴが発明したわけでもない5 並行して読んでほしい本5.1 ジェシー ...

トレードは職人技だ 3

株のデイトレードは職人芸です。そしてその中心に位置するスキルが歩み値です。 この記事では、本屋に売っている株本にはチョロっとしか書かれていない、歩み値の見方の真実を徹底的に解説します。 ティッカーテー ...

no image 4

価格帯別出来高をデイトレードやスキャルピングに活かす方法を9日間にわたって書いてきました。 この9日間であなたは下記のようなことを学びました。 最後に、もう一度おさらいしておきましょう。 目次1 価格 ...

1月29日パナソニック15分足 5

この記事では同一気配約定情報を使い、「板読みと歩み値の読解を簡素化する方法」を解説します。「株や日経225先物デイトレードのエントリー精度が低くて困っている!」「歩み値が上手く読めない!」という方は是非参考にしてください。

かなり重要な記事なので気合を入れ過ぎ、ちょっと長い記事になってしまいましたが、じっくり読む価値があります。

Full_Ita_OnChartインジケーター 6

チャート上にフル板の情報をヒストグラム表示し、リアルタイムで更新し続けるトレードステーションのインジケーターを開発しました。 どこに大きな買い板が入っているのか?どこの大きな売り板が入っているのか?ど ...

7

マネックス証券のTradeStation(トレードステーション)は、米国で開発された、株の世界における最強のトレードツールです。そのトレードステーションが東証の株に対応。しかも無料。ということで、早速 ...

8

トレードステーション版の新しい価格帯別出来高インジケーターを作りました。 価格帯別出来高のインジケーターは本家マネックス証券が提供してくれているものもあるのですが、計算対象の期間を自由に変更できるよう ...

-ライン引き方, 価格帯別出来高
-, , , ,

Copyright© 株デイトレで稼ぐ!激レア板読み手法公開ブログ , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.