アキュミレーションとディストリビューション~出来高を利用したトレード手法

Pocket

ヘッジファンドや投資銀行などの大口トレーダーは鋭い選球眼を持っています。どの株を買うべきで、どの株は放っておくのかを明確に分かっています。

彼らが一旦買うと決めたら、でたらめなタイミングで買ったり、恐る恐る買ったりしません。
慎重に作戦を組み立て、自分に有利な価格で買ったり売ったりしようとします。

あの手この手を使って株を買い集めている段階をアキュミレーションと言います。
逆に、株を売り抜けている段階をディストリビューションと言います。

これは株の長期トレードに限った話ではありません。
スキャルピングからデイトレードまで、あらゆる時間軸のトレードで行われています。
また、全ての金融商品で行われています。
(浮動株に関する部分は株だけに当てはまることです)

アキュミレーション

アキュミレーションとは大口が、株価をなるべく上げることなく、できるだけたくさんの株を買い集めている状況のことを言います。
彼ら大口はその価格帯で売りに出される可能性のある株を全部買い集めたいと考えています。
大抵の場合、アキュミレーションは下降トレンドの後に行われます。

大口トレーダーの戦略上、株価が割安となっているので可能な限りの株数を買い集めようとしています。
とはいえ、発行されている全ての株を買えるわけではありません。株式持ち合いや経営権を守るために経営陣が保有している株は買えません。大口が狙っているのは「全ての浮動株」です。

主に一般投資家が保有している浮動株のほとんど全てが大口の手に渡ると、価格を吊り上げていく段階で売りが出てきにくくなります。「ちょっと上がったら売ろう」という腰の据わっていないトレーダーの手に買ポジションが無いのですから当然のことです。これは当面の上値抵抗線が取り除かれた状態といえます。

このようなアキュミレーションが大多数の主要株の間で同じような時期に行われると、それは相場全体が強気相場に移行する前兆となります。
一旦相場が上げ始めると、当面の上値抵抗が除去されているのでグイグイと上げ続けることになります。

ディストリビューション

上昇トレンドが続いた後、どこかのタイミングで大口は下値で買っていた株の利食いをしようとします。
彼らは巨大な売り注文を出すのですが、どこでもいいから今売れる値段で売ろうというわけではありません。
あらかじめ決めてあった価格帯で売り抜けようとします。

彼らはありとあらゆる手段を使って、自分が利食いを終了するまでは価格が下がらないようにします。自分の売り注文で価格が下がりそうになったら、買い支えたり良いニュースを流したりします。短い時間軸なら見せ板を置いたりもします。
その時の動きには特徴があるので、注意深く観察している我々一般専業トレーダーにも売りのチャンスを与えてくれます。

このように大口が売り抜けをやっている状態をディストリビューションといいます。
ディストリビューションはすぐには終わりません。大口が大量の株を売り抜けるにはしばらく時間がかかる場合が多いからです。

応援ボタンをクリックして記事執筆スピードアップ!↓


人気ブログランキングへ
出来高分析トレードならカブドットコム証券のツールがおすすめ
チャートが圧倒的に見やすい!


サンチャゴがおすすめする本


これからも安定して勝てるトレーダーになるためのノウハウを効率よく学びたい方、ブログでは公開していない特別ページをご覧になりたい方は、メールアドレスをご登録ください。

最短で安定して勝てるようになるためのノウハウを、無料で配信します。

  • 具体的なトレード手法も学べる特設サイトのパスワード
  • 相場の本質を学べる無料メール講座(全31回)(今後も追加予定)
  • ボタン1つで入力と集計が可能!高機能なExcelトレード日誌のダウンロード
  • 「通貨ペアの選び方」、「ラウンドナンバースキャルピングの全貌」、「ブレークアウト手法」、「プライスアクション初級編PDFダウンロード」etc...

このブログを一通り読めば、相当な実力がつきます

ただ、記事数が多いので、一気に読むのは不可能でしょう。

安定して勝てるFXトレーダーになるために必要なノウハウを厳選し、メールでお渡しします。

ご登録は以下のフォームから、メールアドレスのみで可能です。




dollar-exchange-rate-544949_640

Pocket

「いいね!」ボタンで応援していただけると幸いです

コメント

sponsored link

サブコンテンツ

このページの先頭へ