出来高は語る~出来高分析トレード手法【はじめに】

Pocket

対象となる読者

これからしばらくは出来高分析に関して書いていきます。
以前の記事で出来高のダイバージェンスについて書きました。
あれは出来高分析のごく一部です。
この連載ではもっと徹底的に出来高に関して突っ込んで解説していきたいと思います。

この連載を読んでほしい人は…

  • なかなか勝てないで苦しんでいるデイトレーダー
  • 板読みや歩み値の読み方はなんとなく分かったけど、相場の方向性がまちがっていることが多いので満足に勝てないデイトレーダー
  • スキャルピングやデイトレードをやっているが、もう少し長い時間軸のトレードにも挑戦したいトレーダー
  • スイングトレーダーの方
  • FXを主戦場とするトレーダー(出来高分析はFXのディックボリュームでも同じように機能する!)

サンチャゴ流出来高分析のエッセンス

まずはサンチャゴ流出来高分析のエッセンスを冒頭からブチかましておきましょう。

  • 全ての金融市場は何らかの方法で大口に操縦されている
  • 大口がコントロールするのは値動きではない、一般投資家の群集心理だ
  • 相場が動くエンジンは出来高である
  • 値動きが本物なのか、それとも罠なのか、それを知るには出来高を読むしか方法はない
  • 出来高を隠すことはできない
  • 出来高は誰にでも見えるように、常にそこにある
  • 相場は需給のバランスで動いている
  • 出来高とローソク足の値幅を分析することで需給のバランスの崩れに気づくことができる
  • 相場が上がるためには、そこから少し上がったところで売ってくるであろう勢力がすべての買いポジションを投げていなければならない
  • 逆に、相場が下がるためには、大口が利食いを完了していなければならない

今の段階では何のことを言っているのかピンと来ないかもしれません。
安心してください、このブログや私の電子書籍を読み終える頃にはすべてを理解し、あなたのトレードに活かせるようになっていることでしょう。

私はこれまで歩み値の読解や板読みに関して、かなり詳しく解説してきました。
出来高分析と歩み値の読解、実はコンセプトはそんなに変わりません。
同じような考え方で分析します。

歩み値を想像してください。
そこにあるのは、価格と出来高です。
この二つを頭の中で組み立てながら、その時々で自分が優位に立てそうなエントリーをします。

チャートを使った出来高分析でも価格と出来高を組み合わせて分析します。
歩み値ではきめ細やかな分析ができます。
それに対し、チャートを使った出来高分析では大ざっぱな分析になります。

その一方、チャートを使った出来高分析には出来高をより長い時間軸で分析できるという利点、事後的に出来高を分析できるという利点があります。

また、異なる時間軸でマルチタイムフレーム分析をして全体像を把握しながらトレードすることもできます。

大口の動向を読み取ってそれについていくための方法は、チャート分析に歩み値の読解/板読み/出来高分析を組み合わせるのがベストだと思います。

私が長年にわたって相場を生き抜くことができているのは、幸運にも出来高の分析に魅了されたからだと思っています。

出来高分析の何がそんなに特別なのか?
まず、100年以上も前から変わらない手法だということです。

ジェシー・リバモアやリチャード・ワイコフは出来高分析で成功していました。
今のようなローソク足があったわけではありませんが、彼らがやっていたことの本質は同じことです。
紙と鉛筆とティッカーテープ(今でいう歩み値)を使って出来高と価格の値動きを分析していたのです。

今のトレーダーはどうでしょうか?
ほとんどの人は出来高分析をやっていないか、やっているとしてもそのやり方が分からないまま、なんとなくおまけ程度に出来高ヒストグラムを表示しているだけではないでしょうか。

どちらかというと、一般的には複雑なテクニカルやシステムトレードを重視する風潮があるように思います。
私からすると、出来高分析という有効な手法があるのに使わないのだろう?と疑問に思います。
このブログがあなたの注意を出来高分析に呼び戻すことができればいいのですが…

私があなたに望むのは、心を開いて、スポンジのように私の言うことを吸収してほしいということです。
出来高分析というと何か難しそうに聞こえます。
しかし何も難しいことではありません。
歩み値の読解や板読みに比べるとかなり難易度は下がります。

ですからあなたが心を開いて素直な気持ちでこのブログを何度か読んでくれさえすれば、必ず理解できるはずです。

先程も言いましたが、ここで解説する出来高分析のコンセプトは、私の歩み値読解手法とよく似ている部分も多いです。
出来高分析においては、ロウソク足と出来高ヒストグラムを観察し、ある時間軸で結果として捉えるということです。
5分足なら、数本のローソク足とそれに伴う出来高ヒストグラムを読んで大口のやっていることを理解しようとします。

株や先物をトレードするなら、出来高分析をして方向性のバイアスを持つとトレードの成績アップが期待できます。
まずは出来高分析をして正しいバイアスを持ちます。
その状態でデイトレードなら歩み値や板読みで最終確認してエントリーします。
スキャルピングでも同じことです。

歩み値や板情報の分析が基本的にはできないFXをトレードするなら、ティックボリュームを使った出来高分析だけでエントリーします。

出来高分析は、それだけで独立した有効なトレード手法にもなりますし、相場の方向性を読むための補助的な手法としても使えるということです。

トレードにおいて知りたいことは1つ

トレードをするとき、ある程度の確信を持って知りたいのはたった一つのことではないでしょうか。

「次にどっちに動くのか?」

出来高分析は、その質問に答えてくれます。

私のやっている出来高分析は、出来高だけをみてどうのこうのというわけではなく、出来高とローソク足を組み合わせて分析します。

さらに、一本~数本のローソク足と出来高ヒストグラムだけを単独で分析して結論を出すのではなく、常に背景状況を考慮に入れて判断します。

新しい手法でもなければ、サンチャゴが発明したわけでもない

「私のやっている」と言いましたが、この手法はなにも新しいものではありませんし、私が考え出したものでもありません。

この手法はリチャード・D・ワイコフが考え出したとされている分析手法です。
正確な出所は分かりませんが、かなり昔からある手法であることは間違いなさそうです。
わたしはこの昔からある手法を自分なりの解釈でアレンジしてトレードに役立てています。

出来高分析は非常に簡単ですが、マスターするには多少時間がかかるかもしれません。このブログがみなさんの役に立ったら嬉しく思います。

並行して読んでほしい本

出来高分析の重要性を分かってもらうには、私のような無名の個人トレーダーがどうのこうのと言っても説得力に欠けるかもしれません。
それよりも、伝説のトレーダー、ジェシー・リバモアのことを書いている本やリチャード・D・ワイコフの本を読んでもらう方が手っ取り早いでしょう。
また、その方が相場への理解が深まります。

私の本を読みながら、次の2冊の本も並行して読んでいただくことをお勧めします。

ジェシー・リバモア

1冊目はジェシー・リバモアのことを書いてある(とされる)本です。


欲望と幻想の市場―伝説の投機王リバモア

この本でジェシー・リバモアがどんなトレードをしていたのかがざっくりと分かります。
いかに彼が出来高を読んでいたのかが。

この本には具体的に手法が書いてあるわけではなく、手法の解説が断片的なので、この本を読むだけですぐに自分のトレードに取り入れることは難しいでしょう。
しかし私のブログと併せて読んでもらえるとかなり効果的だと思います。

最初にこの本を一度読んだ後、私のブログを読んで具体的な出来高分析の手法を理解し、もう一度この本を読み返すと相場への理解が深まることでしょう。
この本はトレーダーになりたい人には必ず読んでもらいたい本です。

リチャード・D・ワイコフ

2冊目はリチャード・D・ワイコフのティッカーテープ読解に関する本です。
(ティッカーテープとは今でいう歩み値のようなもの)


文庫 板情報トレード――テープリーディングのプロが教える株式売買法 (PanRolling Library)

この本にはワイコフが当時どのように出来高を読んでいたかが書かれています。
当時のティッカーテープは今の歩み値とは少し違うのと、登場する銘柄になじみがないので若干難しく感じるかもしれません。
しかし細かい部分は流し読みで構いません。大筋を理解するだけで十分役立ちます。
ワイコフが言わんとしていることの詳細や、行間を読むべき部分は私のブログにこれでもかと言うほど詳しく書いていきます。

この2冊の本、そして私のブログを読み、出来高分析トレーダーとして最高の一歩を踏み出してください。

応援ボタンをクリックして記事執筆スピードアップ!↓


人気ブログランキングへ
出来高分析トレードならカブドットコム証券のツールがおすすめ
チャートが圧倒的に見やすい!



これからも安定して勝てるトレーダーになるためのノウハウを効率よく学びたい方、ブログでは公開していない特別ページをご覧になりたい方は、メールアドレスをご登録ください。

最短で安定して勝てるようになるためのノウハウを、無料で配信します。

  • 具体的なトレード手法も学べる特設サイトのパスワード
  • 相場の本質を学べる無料メール講座(全31回)(今後も追加予定)
  • ボタン1つで入力と集計が可能!高機能なExcelトレード日誌のダウンロード
  • 「通貨ペアの選び方」、「ラウンドナンバースキャルピングの全貌」、「ブレークアウト手法」、「プライスアクション初級編PDFダウンロード」etc...

このブログを一通り読めば、相当な実力がつきます

ただ、記事数が多いので、一気に読むのは不可能でしょう。

安定して勝てるFXトレーダーになるために必要なノウハウを厳選し、メールでお渡しします。

ご登録は以下のフォームから、メールアドレスのみで可能です。



dollar-exchange-rate-544949_640

Pocket

「いいね!」ボタンで応援していただけると幸いです

コメント

sponsored link

サブコンテンツ

このページの先頭へ