逆張りのコツ 出来高のダイバージェンス

Pocket

出来高のダイバージェンスとは

ストキャスティックのダイバージェンスの記事ではストキャスティックのダイバージェンスを使って直近のスイングの勢いが弱まっていることを確認する方法を学んだ。

ここでは、出来高のダイバージェンスという考え方を使って、直近のスイングの勢いが弱まっているかどうかを読む方法を解説しよう。

ストキャス出来高ダイバージェンス

①の下落時の出来高と
②の下落時の出来高を見比べてみてほしい。
②では価格は安値を切り下げてブレークしたにもかかわらず、出来高は①の下落時よりも少なくなっている。
価格が安値を更新したにもかかわらず、出来高は少なくなっている。
これが出来高のダイバージェンスだ。

ストキャスティックのダイバージェンスと考え方は同じだ。

安値を更新しないダブルボトムのようなパターンでも「出来高のダイバージェンス」の考え方が使える。
安値まで下げてきたのに、最初に安値をつけた時よりも明らかに出来高が少なくなるという場合だ。

2つが同時に起きると高確率で反転する

Sponsored Link


出来高のダイバージェンスはオシレーターのダイバージェンスよりも信憑性が高い

そして、

ストキャスティックのダイバージェンスと出来高のダイバージェンスがが同時に起きる場合は、高確率で反転する

完全な反転とまではいかないにしても、少なくとも数ティックの反発がかなり高い確率で起きる。

そしてそれらの現象がサポートライン/レジスタンスライン付近で起きたら、さらに反転する確率が上がり、逆張りデイトレードとして最高のエントリーポイントとなる。

空売りの例も見ておこう

Bエリアでも先程解説したことと同じ現象が高値付近で起きている。

③から④にかけて値段は上値を切り上げているにもかかわらず、ストキャスティックの天井は切り下げていて、
さらに、出来高も、先程の場合ほど明確ではないが、③に比べて④の方が若干出来高は落ちているのがわかるだろう。

そのご、下げ始める直前に出来高が一瞬伸びているが、
この出来高は成り行き売りが多かったので問題なかった。

成り行き売りが多いか成り行き買いが多いかは歩み値を見ていれば分かる。

歩み値については、歩み値の6要素の記事を参考にしてほしい。


これからも安定して勝てるトレーダーになるためのノウハウを効率よく学びたい方、ブログでは公開していない特別ページをご覧になりたい方は、メールアドレスをご登録ください。

最短で安定して勝てるようになるためのノウハウを、無料で配信します。

  • 具体的なトレード手法も学べる特設サイトのパスワード
  • 相場の本質を学べる無料メール講座(全31回)(今後も追加予定)
  • ボタン1つで入力と集計が可能!高機能なExcelトレード日誌のダウンロード
  • 「通貨ペアの選び方」、「ラウンドナンバースキャルピングの全貌」、「ブレークアウト手法」、「プライスアクション初級編PDFダウンロード」etc...

このブログを一通り読めば、相当な実力がつきます

ただ、記事数が多いので、一気に読むのは不可能でしょう。

安定して勝てるFXトレーダーになるために必要なノウハウを厳選し、メールでお渡しします。

ご登録は以下のフォームから、メールアドレスのみで可能です。



dollar-exchange-rate-544949_640

Pocket

「いいね!」ボタンで応援していただけると幸いです

コメント

sponsored link

サブコンテンツ

このページの先頭へ