逆張りのコツ ラインで止まりそうか?を見分ける

Pocket

逆張りのコツ はじめに

ラインの引き方の記事では、チャートが反応するであろうサポートライン、レジスタンスラインを引く方法を解説した。

次はそのラインで本当に止まりそうなのかどうかの見分け方を勉強していこう。

株や日経225先物の世界では、

「逆張りはダメだ、順張りをすべきだ」
「ランキング情報に載ってくる銘柄に順張りで飛び乗るのが王道だ!」

そのような声をよく聞く。

もちろん、走ってくる電車に体当たりをして止めようとするような行為は禁物だ。

しかし、自分がやろうとしていることをしっかりと理解できているなら、逆張りデイトレードには多くのチャンスが隠れている。

  • 相場の勢いが弱まってきている兆候を見極めることができること
  • 大口が何をやっているのか見極めることができること
  • そのラインがどんなに重要なラインであっても、相場の勢いには逆らわないこと
  • エントリー後に自分が間違っていたことが分かったら一目散にロスカットで逃げ、そこに粘着しないこと
  • エントリー後に利益が乗ってきたら、ポジションの一部で利益を伸ばすこと

この辺のところはしっかりと理解していないといけない。

逆張りデイトレードにはチャンスが多いとはいえ、大きなトレンド転換を捉えようとするわけだから、シビアでなければならない。

Sponsored Link

事前に引いていたライン(といよりはエリア)にチャートが近づいてくると、私はチャートやテクニカル、板読み、歩み値、出来高分析、のうちのいくつかに全神経を集中する。

そして、その値動きがエリア付近で止まりそうなのか、それともブレークアウトしていきそうなのかを見極め、エントリーするかどうかを見極める。

次の記事


これからも安定して勝てるトレーダーになるためのノウハウを効率よく学びたい方、ブログでは公開していない特別ページをご覧になりたい方は、メールアドレスをご登録ください。

最短で安定して勝てるようになるためのノウハウを、無料で配信します。

  • 具体的なトレード手法も学べる特設サイトのパスワード
  • 相場の本質を学べる無料メール講座(全31回)(今後も追加予定)
  • ボタン1つで入力と集計が可能!高機能なExcelトレード日誌のダウンロード
  • 「通貨ペアの選び方」、「ラウンドナンバースキャルピングの全貌」、「ブレークアウト手法」、「プライスアクション初級編PDFダウンロード」etc...

このブログを一通り読めば、相当な実力がつきます

ただ、記事数が多いので、一気に読むのは不可能でしょう。

安定して勝てるFXトレーダーになるために必要なノウハウを厳選し、メールでお渡しします。

ご登録は以下のフォームから、メールアドレスのみで可能です。





dollar-exchange-rate-544949_640

Pocket

「いいね!」ボタンで応援していただけると幸いです

コメント

sponsored link

サブコンテンツ

このページの先頭へ