エントリーの精度が上がる!ストップ注文(損切り注文)の見分け方

Pocket

株や日経225先物のデイトレードをする場合、板情報や歩み値の動きから

「今、ストップ注文発動した」

とういことを見分けられたら、エントリーやエグジットの判断に役立つ。

「どうやって見分けるのか?」

「どう役立つのか?」

さっそく説明しよう。

ストップ注文が入っていそうなポイント

ストップ注文が入っていそうなポイントというのはチャートを見ればだいたいわかる。

スイングハイ(直近の高値)、スイングロー(直近の安値)を少し抜けた/割ったところだ。

私はいつもそのあたりでの歩み値の動きを見て

これはストップ注文(損切注文)なのか、それとも新規の注文なのかを見分けようとしている。

どうやって見分ける

Sponsored Link

どうやって見分けるか?

ストップ注文(ロスカットの逆指値)が入っていそうなポイントで、

その値段をつけた途端に歩み値のスピードアップが起きたら、それはストップ注文である可能性が高い。

例えば、スイングローを1ティック下回る値段が付いた瞬間に売りの歩み値がバーッとスピードアップして流れたら、多くのトレーダーのストップ注文が発動したと考えてよい。

一方、上記のストップ注文がバーッと流れた後、一段落してから改めて入ってくる売り注文は新規の売り注文だと考えてよい。

(もちろん、これは筆者の読みであって、真相は常に謎である)

損切りのストップ注文と新規注文を見分けられたらどう役立つのか

基本的にわたしは小口トレーダーのストップ注文が発動するまで待ち、そのストップ注文に対して逆張りしたいと考えている。

安易に仕掛けるのではなく、流れに逆らって調子をぶっこいてしまった小口トレーダーがロスカットになる瞬間を待つのだ。

「お主も悪よのう」

「お代官様ほどでは」

時代劇のセリフより

こんな声が聞こえてきそうだが

相場は食うか食われるかの世界。

きれいごとは言っていられない。

小口トレーダーのストップ注文(小口の売りがバーッと流れる)が発動するのを待ち、
その後に大口の新規売り注文が入ってこないなら、逆張りで買うチャンスだ。

このように、「今ストップ注文(損切注文)が走った」ということが分かるようになれば、エントリータイミングの精度を上げることができる。

ストップ注文を見分ける 注意点

小口トレーダーのストップ注文を見分けたらいつも勝てるわけでもないし、
待っていたストップ注文らしきものが全く出ないまま反転することもある。
相場には絶対はないのだ。

しかし、自分なりのシナリオを描いて賭けてみることで相場観は磨かれていく。
確率論で考えることのできるあなたにはそれができるだろう。


これからも安定して勝てるトレーダーになるためのノウハウを効率よく学びたい方、ブログでは公開していない特別ページをご覧になりたい方は、メールアドレスをご登録ください。

最短で安定して勝てるようになるためのノウハウを、無料で配信します。

  • 具体的なトレード手法も学べる特設サイトのパスワード
  • 相場の本質を学べる無料メール講座(全31回)(今後も追加予定)
  • ボタン1つで入力と集計が可能!高機能なExcelトレード日誌のダウンロード
  • 「通貨ペアの選び方」、「ラウンドナンバースキャルピングの全貌」、「ブレークアウト手法」、「プライスアクション初級編PDFダウンロード」etc...

このブログを一通り読めば、相当な実力がつきます

ただ、記事数が多いので、一気に読むのは不可能でしょう。

安定して勝てるFXトレーダーになるために必要なノウハウを厳選し、メールでお渡しします。

ご登録は以下のフォームから、メールアドレスのみで可能です。





dollar-exchange-rate-544949_640

Pocket

「いいね!」ボタンで応援していただけると幸いです

コメント

sponsored link

サブコンテンツ

このページの先頭へ