必読!現役マーケットの魔術師~ポール・ロッターのインタビュー

Pocket

好きな魔術師はポール・ロッター

世界最強のデイトレーダー、ポール・ロッターのインタビューです。
この記事は、こちらの記事を英語の家庭教師といっしょに翻訳した時のものです。一週間かかりました(汗)

TRADING NAKED

このインタビューは、トム・ボールドウィンのインタビューと並んで私の中でベストのインタビューです。
もう、スキャルパーのバイブルと言ってもよいです。

彼の具体的な戦略は、一般的なトレーダーが真似ができるものではありません。
資金量とかが全然違いますからね。
しかし、機関投資家や大口のトレーダーが何をやっているのかを知るには良い教材となります。
また、彼がここ数年で感じていることを語っていて、これがまた勉強になります。

ちょっと長い記事ですので、お茶とお菓子を用意して、ゆっくりとお読みください。


人気ブログランキングへ

ポール・ロッターのインタビュー

ポール・ロッター

Q:トレードを始める特別なきっかけとかありましたか?
A:いや、そういうのは特にないですね。「トレード入門」の本を読んだり、学生の頃にトレードコンテストに参加したくらいかな。

Q:では、どうやってプロのトレーダーになったんですか?
A:ドイツの銀行で新入社員だった頃に、数週間だったけど、EUREXの執行デスクに配属されたんだ。
そこでトレードにすごい興味を持ったんだよ。
で、自分名義の口座でギャンブル的なトレードを始めたんだ。
もちろん、かなり負けちゃったね。
丁度損失が膨らみ、自分の口座を吹き飛ばしたころ、ドイツの銀行を辞めることになった。
その直後、日本の銀行にディーラーとして採用されたんだ。
本当にラッキーだったよ。仕事でトレードをしながら学べたんだからね。

Q:その日本の銀行ではトレードのコーチをつけてくれたのですか?
A:いや、特別トレードコーチや講師といった存在はいなかった。
でも、Ajiasakaという安定して勝てているトレーダーが近くにいたので、いろいろと意見を交わしたりして勉強になったよ。
彼はすごいトレーダーで、自分のボスのトレードが間違っていると思うときには、自分のトレードでヘッジをかけたりもしていたな。
彼は相場心理についてよく話してくれてね、私が大負けしたときなんかには彼の言葉が凄く役に立ったよ。

Q:日本の銀行でのトレードはどうだったのですか?最初から安定して勝てていたのですか?
A:入社して間もなく、往復で100枚~150枚トレードしてたんだけど、最初の3年間で負けた月は一度もなかったね。
その後、大きなポジションを建てるようになってからは、時々大きくやられることもあった。
特に、EUREXが米国のターミナルを受け入れるようになって、シカゴのGarris Brumfieldとか大物が入ってくるようになった後はね。

Q:「相場で完全に口座を吹き飛ばすまでは、トレーダーとしての成功は無い」という格言があります。この格言についてどう思いますか?
A:さっきも言ったけど、ドイツの銀行で新入社員だった頃、自分の口座を吹き飛ばしてしまったことがあった。
恥ずかしながらなんだけど、その頃の僕は、「リスクマネジメント」なんてものがあるのを知らなかったんだよね。
それから…トレーダーとしてかなり稼いだ後なんだけど、百万ユーロ単位の損失が出たことがあってね…
その時は確か、250万ユーロの損失が出て、気を失ってしまったんだよ。
「もう辞めよう!」って思ったね。そこで止めても一生金銭的なことを心配せずに生きていけるだけのお金を持っていたし、あんな精神的苦痛を二度と経験したくなかったんだ。
だけど、4週間ほどオフを取ったらまたやる気が出てきて、トレードを再開したんだ。そしたら比較的短い期間で負けた分を取り返せて、以前よりも一段と強くなった気がしたのを覚えているよ。

Q:その出来事でトレードに対する考え方が変わった?
A:とてつもない負け期間と、その後にきた大きな勝ち期間を経験することで、負ける日々があるってことに対しておおらかになったね。負けてもいずれ取り戻せるって心から分かったんだ。
それで、けっこう負けている日や、ちょっと負けている日にPCの電源を落とすのが簡単になったよ。今日の負けを今日中に取り返さないと気が済まないっていうのはなくなった。

Q:あなたは間違いなく世界最高クラスのトレーダーです。あなたのトレーダーとしての強みは何ですか?他のトレーダーとの違いはどこにあるとお考えですか?
A:一言で言うと、「いい時にはアグレッシブにいって、ダメなときには小さくやることができる」ってことかな。
調子がいい時にはより大きなリスクを取りに行くんだ。その一方で調子の悪い時にはポジションサイズを小さくしていくんだ。
これは人間の心理に逆らうやり方だよね。
ベストなのは、トレードのことなんかまったく知らない人をそばに置いて、損失が日中にあるレベルにまで達したら、有無を言わさずに全てのポジションを閉じてPCの電源を落としてもらうことだよ。

Q:あなたは板読みスキャルパーとして有名です。あなたの戦略、戦術はどんなものなのですか?
A:マーケットメーカーみたいな感じだよ。板で起きるイベントに基づいて、買指値と売り指値を同時に入れていて、かなり短期的に売買してる。
私は普段、いろんなマーケットで、今の値段にすごく近いところに、同時にたくさんのオーダーを入れているんだ。その結果はほとんどゼロサムゲーム、とんとんなんだけどね。だけど、そうすることよって、今マーケットで何が起きているのかを感じ取れるんだ。それで、ここぞというところでは、大きなポジションで良い意思決定ができるんだ。

Q:ポジションはどのくらいの時間保持するのですか?
A:私はトレンドフォロー系のことはほとんどやらないんだ。スキャルピングがほとんどだよ。常にいろんなマーケットでロングとショート両方のポジションが約定していて、数時間の間に常にポジションを変えているよ。
2、3分の間に何度も自分のポジションを変えることもあるよ。
でもそんなに難しくないんだ。だって私が取ろうとしているのは3~5ティック程度だからね。
近い将来を予測する方が簡単だよ。

Q:これまでにスキャルピング以外のことをやろうとしたことはないのですか?トレンドフォローとかスイングトレードとか。
A:いえ、ずっとスキャルピングをしてますね。
でも、相場環境によって、戦略は変えていますよ。いつも同じようにトレードしているわけではないです。
ボラティリティ―の高い時には、もちろん、いろんなマーケットに入れている指値注文の枚数を減らします。
そんな時には、ポジションを持つ時間は、2、3秒になるかな。そして片方向のトレードが多くなります。

Q:あなたの手法は電子取引でのみ機能するのですか?それともピットでもできることなのですか?
A:ピットではできないよ。ピットではそんなに多くのポジションを操作できないからね。取引する相手がみつからないよ。
電子取引が私の素早い注文をかなえてくれてる。
あと、ピットではそう簡単に市場操作はできないし。

Q:スキャルパーとして、あなたはストップ狩りをしているのですか?
A:うーん、まぁ、そうかな。そうだね。でもね…
ここ数年でマーケットの流動性が増えたことで、ストップ注文による急激なスパイクが起きなくなってきているんだ。(スパイク=ストップ狩りによって起きる急激な値動き。チャートではヒゲになることが多い)
あと、ストップがあるべきポイントにストップが入っていないことも多くなってきているね。
まぁ、他の市場参加者もバカじゃないし、過去の失敗から学んで行っているってことだね。

Q:あなたのリスクマネジメントはどんなものですか?
A:日々の損益目標を決めている。とはいっても、大切なのは利益の方じゃなくて、損失の方。これだけ負けたらそこでPCの電源を切るというラインを決めているんだ。
私のポジションサイズは大きい時で、5ケタの枚数。
特別なマネーマネジメントのルールは持っていない。
(※ここで言うマネーマネジメントとは1回のトレードで建てる枚数やロスカット幅のこと。リスクマネジメントとは、どれだけのドローダウンが出たらそこで止めるかということ。)

Q:ポジションが逆行したらどうしますか?ストップ注文を入れているのですか?
A:ポジションが逆行し始めたら、かならずポジションを閉じます。ポジションがとても大きい場合は、そう簡単ではありません。なぜなら、私がエグジットすることでさらに下落し、ほかのトレーダーのストップ注文を誘発し、相場の逆行を加速してしまうからです。しかし、多くの場合、ポジションをドテンすることで損失のいくらかをすぐに取り戻すことができます。

Q:なぜロスカットになってからすぐにドテンなどできるのですか?往復びんたを食らいそうに思いますが。トレーダーは相場の方向性に関する意見を簡単に変えない方がよいのではないですか?
A:いや、全く違うね。アナリストとか、指導者みたいな人だけが自分の方向性に固執したらいいんですよ。トレーダーなら、意見など持っちゃいけない。意見を持てば持つほど、負けトレードから撤退しにくくなるよ。

Sponsored Link

Q:相場心理はどんな役割をはたしていますか?
A:私はいつも相場心理に関する本を読んでいて、それをベースに意思決定をしてるんだ。

Q:気を散らすような考えや感情が浮かんでくるときはどうしますか?
A:最悪の場合は、冷たいシャワーを浴びるか、プールに飛び込むようにしているよ。

Q:トレードの準備はどのようにしていますか?なにか決まったルーティーンがあるのですか?それとも何もせずにただトレードをスタートするのですか?
A:場が始まる前に、場中に発表される主要なレポートやニュースイベント、要するにマーケットに影響を与えそうなものはすべてチェックする。そして、重要なラインを明確にする。必ず自分自身の分析をする。人の分析には全く興味がない。なぜなら、自分の分析に影響を与えてしまうからね。

Q:精神的な準備はする?
A:とくになにもしていないよ。私は自然といつもやる気に満ちているんだ。なぜって、トレードをスポーツと同じようにとらえていて、「お金」という考えからは切り離しているからね。

Q:毎日どれぐらいの時間トレードしているのですか?
A:たいていの日は5時間。特別なイベントがあるときなんかは、11時間やることもあるよ。

Q:そんなに長い時間トレードし続けるのは辛くないですか?どうやってそんな長時間集中力を持続するのですか?
A:私はトレードをゲームととらえているからね。子供がゲームをしている間は時間があっという間に過ぎるだろ?
だから、集中力というよりは、目の疲れなどの身体的な限界が先にくるね。

Q:気持ちを落ち着かせてリラックスするために何かしてますか?
A:スポーツをたくさんするんだ。あと、休暇をたっぷりとることかな。

Q:どんなツールを使っていますか?
A:TTのMD-Trader、Reuters、 Bloomberg、 CQG 、 USD-squawkbox といったところだね。

Q:チャートの時間軸は?
A:普通は5~30分足チャートを使ってトレンドラインやテクニカルを表示している。
ポイント&フィギュア―チャートが好きだね。その方がトリプルトップなんかのパターンを読みやすいんだ。
テクニカルインディケーターは、CCI。CCIはマーケットのボラティリティ―を示してくれるからね。

Q:1人のトレーダーが相場を操縦できると思いますか?
A:いいえ。1時間以上にわたって、一人のトレーダーがマーケットに影響を与えることはできないと思っている。
マーケットにはいつも複数の大口トレーダーがいる。BUND(ドイツ国債先物)では一日に100万枚がトレードされる。
ほとんどプルバックを入れないような上昇トレンドがいきなり始まったら、私の資金力でその動きに逆張りすることはできるけど、全く利益にはならない。なぜなら、その上昇を止めることなどできないんだ。トレンドを止めるにはもっとたくさんの資金が必要だよ。
それ以外にも、最近は”Analytics”と呼ばれるコンピュータ化されたスキャルパーの存在もある。私の知る限り、それらのシステムは板情報を分析する完全自動化されたシステムだ。彼らは複数のマーケットに同時に稼働しているから、私が思うに、それらは、板読みアービトラージシステムってところだね。スプレッドシステムともいうのかな。

Q:スキャルパーになりたい人に一言アドバイスをいただけますか?
A:スキャルパーとして成功したいなら、板情報を長期間わたってじっくり観察することだよ。

インタビューは以上です。

いかがでしたか?彼の一言一言に、安定して勝てるスキャルパー、デイトレーダーになるためのヒントが含まれていますね。

板読みを学ぶなら、こちらの教材をお勧めします。

証券ディーラーの隠し技 板から未来が見えてくる 山本伸一の板読みトレードテクニック
<<サンチャゴによるレビュー>>


これからも安定して勝てるトレーダーになるためのノウハウを効率よく学びたい方、ブログでは公開していない特別ページをご覧になりたい方は、メールアドレスをご登録ください。

最短で安定して勝てるようになるためのノウハウを、無料で配信します。

  • 具体的なトレード手法も学べる特設サイトのパスワード
  • 相場の本質を学べる無料メール講座(全31回)(今後も追加予定)
  • ボタン1つで入力と集計が可能!高機能なExcelトレード日誌のダウンロード
  • 「通貨ペアの選び方」、「ラウンドナンバースキャルピングの全貌」、「ブレークアウト手法」、「プライスアクション初級編PDFダウンロード」etc...

このブログを一通り読めば、相当な実力がつきます

ただ、記事数が多いので、一気に読むのは不可能でしょう。

安定して勝てるFXトレーダーになるために必要なノウハウを厳選し、メールでお渡しします。

ご登録は以下のフォームから、メールアドレスのみで可能です。



dollar-exchange-rate-544949_640

Pocket

「いいね!」ボタンで応援していただけると幸いです

コメント

sponsored link

サブコンテンツ

このページの先頭へ