価格帯別出来高デイトレード講座【8】リバーサル(反転)エントリー

カブドットコム証券のプロモーションページへ
Pocket

価格帯別出来高デイトレード講座の第8回です。
株や日経225先物のデイトレやスキャルピングに役立つ価格帯別出来高。
その一歩進んだ読み方を解説しています。
第1回はこちら
詳細な価格帯別出来高を見るためのツールはこちら

今日もポチッと応援よろしくお願いします。

株式デイトレード ブログランキングへ

ところでみなさんは価格帯別出来高を使っていますか?

 

リバーサル(反転)の価格帯別出来高

リバーサル(反転)で逆張りをする場合に価格帯別出来高をどう使うかを解説します。

下降トレンドから上昇トレンドへのリバーサルを例に解説します。

たいていの場合、メジャーなサポートライン付近で成り行き売り注文の吸収が起き、大きな出来高ができます。
そこから上げ始める場合は、買い約定が売り約定の2倍程度あるのが理想だと私は考えています。
それぐらい買い約定が多ければ、買い手が積極的且つ腰が据わっていると考え、リバーサルしたと判断します。

たいていの場合、リバーサルしたと判定できた時には、ある程度価格が上がってしまっているので、すぐにはエントリーしにくいです。

そういう場合は、吸収が起きた価格帯を試しに来るのを待ちます。

ダブルボトムのパターン

理論的には、底値の出来高が多かったエリアを試しに来た時には、買い手がディフェンスします。
大口が覚悟を持って買ったのだから、そこを割らないようにするのは自然な流れです。
チャートパターン的に言うと、ダブルボトムです。
そこでエントリーできると理想的です。

価格帯別出来高でリバーサル1

このパターンの場合は、底値付近の出来高の多い価格帯の上端でロングエントリーを狙います。
ロスカットはその価格帯を下に抜けるポイントです。

ダブルボトムにならないパターン

しかし、実際には、そこまで下げて来ない場合が多いです。
底値を付けた後、最初の上昇スイングが大きい場合には特に戻ってきません。

ダブルボトムにならない場合、どこでエントリーすればよいのでしょうか?
その判断には価格帯別出来高が役に立ちます。

価格帯別出来高でリバーサル

ダブルボトムにならない場合はこんな感じになることが多いです。

最初の上昇スイングの途中で大きな出来高の価格帯(A)ができています。
2ティックなので、価格帯というよりは、価格と言ってもいいですね。

ここでは何が起こったのでしょうか?
売り手が価格の上昇を止めようとして、その価格帯をディフェンスしたと考えるのが妥当でしょう。
もしくは、サヤどりポジションの片割れなど、それ以外の理由かもしれません。
ただ、1つだけ言えるのは、その価格帯を上に抜けるのに多くの出来高が必要だった、つまり、多くの取引が行われたということです。

そのエリアに価格が戻ってきた場合は、すでにロスカットになったショートや、まだロスカットしていないショートは、ショートポジションを買い戻すでしょう。
Aで積極的に買ったロングは、Aを割らないようにディフェンスするでしょう。

こうなると、もうダブルボトムになる位置までは下げてくれない場合がほとんどです。
上昇途中にできた出来高の多い価格帯(A)がロングエントリーのエントリーポイントとなります。

もちろん、ダブルボトムになる場合よりも不利な価格でのエントリーではありますが、リスクは同じです。
出来高の多い価格帯(A)を下に抜ける瞬間にロスカットすればよいわけですから。

このようなエントリーポイントはチャートしか見ていない人には見えないでしょう。

さらにもう一つ出来高の多い価格ができたら?

先程の例の続きです。
もう一つ上に出来高の多い価格帯(B)ができ、そこを天井として下がってきた場合はどう考えたらよいでしょうか。

価格帯別出来高でリバーサル3

先程の例ではAでショートが踏みあげられて不利な立場にありました。
今度はBで買いがトラップにかかっています。
多くのトレーダーがBで買いポジションを作った直後、B地点からは全然上げずに下がってきてしまったのですから。

Aではショートが、Bではロングがトラップにかかっています。
こうなると、AとBの間ではロングとショートの思惑が激しく交錯することになります。

どんな戦略を取るべきでしょうか?

  • Aを足場にして買う
  • Bを天井にして空売りする
  • AとBの間を行ったり来たりするレンジを想定して下の方で買い、上の方で空売りする

私なら「Aを足場にして買う」を選択します。
そしてBでポジションの半分を利食いし、残りはホールドするといったエグジット戦略を採用します。

なぜなら…
たった今リバーサルして上昇トレンドになったのだから、買いが有利だと考えるからです。
もちろん、注文分析をして売り勢力の方が積極的だと思ったなら、トレードを見送るかもしれません。

このように、価格帯別出来高を注意深く観察し、そこでエントリーしたトレーダーの心理を読めば、優位性のあるエントリーポイントを見つけることができます。

価格帯別出来高を活用してデイトレードをするなら、
詳細な価格帯別出来高を表示できるカブドットコム証券をお勧めします。

カブドットコム証券プロモーションページへ

価格帯別出来高デイトレード講座 もくじ


これからも安定して勝てるトレーダーになるためのノウハウを効率よく学びたい方、ブログでは公開していない特別ページをご覧になりたい方は、メールアドレスをご登録ください。

最短で安定して勝てるようになるためのノウハウを、無料で配信します。

  • 具体的なトレード手法も学べる特設サイトのパスワード
  • 相場の本質を学べる無料メール講座(全31回)(今後も追加予定)
  • ボタン1つで入力と集計が可能!高機能なExcelトレード日誌のダウンロード
  • 「通貨ペアの選び方」、「ラウンドナンバースキャルピングの全貌」、「ブレークアウト手法」、「プライスアクション初級編PDFダウンロード」etc...

このブログを一通り読めば、相当な実力がつきます

ただ、記事数が多いので、一気に読むのは不可能でしょう。

安定して勝てるFXトレーダーになるために必要なノウハウを厳選し、メールでお渡しします。

ご登録は以下のフォームから、メールアドレスのみで可能です。



dollar-exchange-rate-544949_640

Pocket

「いいね!」ボタンで応援していただけると幸いです

コメント

sponsored link

サブコンテンツ

このページの先頭へ